リゼロ3期アニメ原作のネタバレ考察!あらすじはどこまでで放送日も

2021年9月22日

この記事では人気アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』第3期に放送されるであろう、原作第5章の内容をネタバレしています。

注:ネタバレを回避したい方は今すぐ離脱しましょう。

アニメ2期の続きがいち早く知りたいという方は、この記事で大まかな内容を知ることができます(^^)

またもしアニメ3期が放送されるのなら、その放送時期がいつ頃になりそうなのか?

という事についても書いていきたいと思います!

リゼロをアニメで見始めて、これから原作を読んでみようかなという方にも役立つ内容となっています。

 

 

リゼロ2期アニメの内容振り返り

リゼロのアニメ2期はペテルギウスら魔女教を退けた主人公スバルでしたが、その後合流したロズワール邸で変わり果てたレムと再会します。

周囲の人間からその存在や記憶を忘れ去られたレムを、なぜかスバルのみが覚えているという自体に。

さらにロズワール邸に存在しない当主ロズワールや、そこに戻ってこない避難していたアーラム村の者たち。

レムのことも気になりますが、ロズワールや村人たちをひとまず探し出すため彼らの向かった先”聖域”へと足を運びます。

その聖域は”強欲の魔女”エキドナが作り出した場所でスバルやエミリアは己の目を背けたくなる過去や、起こるはずだった平行世界の未来これから来る可能性がある最悪の未来などを見ます。

それらの過去や未来を受け入れ、乗り越えることにより彼らは大きく成長していくことになります。

また黒幕ロズワールの目的や聖域の作られた本当の目的も明かされることになります。

ガーフィールやフレデリカ、リューズなどの新キャラを迎え、屋敷の中でロズワールに雇われた”腸狩り”エルザ”魔獣使い”メイリィらを撃破します。

最後は400年間ロズワール邸の禁書庫である人を待ち続けた精霊ベアトリスと契約したスバル。

聖域に大量発生した3大魔獣の1つ大兎をスバルとベアトリスは撃破したのでした。

数々の困難を乗り越えたスバルは、ラストで正式にエミリアの騎士に就任するのでした。

 

アニメ3期アニメ原作のネタバレ考察!

ここからはアニメ3期がもし放送されるとしたら、どのような内容になるのか?

原作の小説内容をネタバレしながらアニメ3期で繰り広げられるスバル達の活躍を紹介していきます。

アニメ3期の大まかな内容

リゼロのアニメ3期が放送されるということになれば、その内容はどのようなものか?

その内容は原作小説の第5章『水門都市プリステラ編にあたります。

この第5章は管理人の個人的な意見としても、リゼロの中で最高に面白いパートになります。

そう感じさせる原作5章の魅力は大きく分けて2つあります。

 

1つ目の魅力は、主人公スバルとその仲間たちが大罪司教たちとバトルを繰り広げるのが主な内容となるからです。

アニメでは現時点でまだ登場していない新たな大罪司教も登場してきますし、スバル陣営と彼ら大罪司教との戦いは激熱必須な内容と言えるでしょう!

2つ目の魅力は、久しぶりの王選キャラクター達が多数登場してくることです。

例えば白鯨討伐で協力し合った“剣鬼”ヴィルヘルムや、獣人達の戦闘集団「鉄の牙」のリカード達、更には王国の騎士ユリウスらが再登場します。

さらに王選候補者のプリシラや、最強の騎士“剣聖”ラインハルトまでもが再び登場します!

彼らが大罪司教たちと激戦を繰り広げていくことになるのが、原作5章でありアニメ3期のストーリーなのです。

このメンツを知るだけでもアニメ3期が早く放送されてほしいと思いませんか?

リゼロ魔女教「大罪司教」全員の能力一覧!強さ・権能ランキング

16巻の内容ネタバレ

いざ水門都市へ

簡単にアニメ3期の内容になるであろう事をネタバレしたいと思います。

スバル達が聖域の試練を突破してから1年が経過していました。

そんなスバルのもとに王選メンバーの1人アナスタシアの遣いでミミとユリウスの弟ヨシュアが訪れます。

彼らの目的はある提案をスバルに伝えるためでした。

その提案とは消えたパックを復活させるため、彼の拠り所となり得る高純度な魔晶石を持つ商人が「水門都市プリステラ」にいる。

その魔晶石を手に入れるために水門都市に招待したいというもの。

スバル、エミリア、ベアトリス、オットー、ガーフィールの5人はパック復活の手がかりがそこにあると思い水門都市プリステラに向かうことにします。

プリステラに到着したスバル達は「水の羽衣亭」という旅館でアナスタシアと合流します。

なぜこの異世界に日本家屋風の旅館があるのか?

アナスタシアによるとこの建築様式は「ワフー様式」といい、カララギという国に伝わる建築様式だそうです。

カララギは「荒れ地のホーシン」という人物が建国したそうで、スバルはもしかしたらホーシンも日本から召喚された可能性があると思うのです。

実際はどうなのでしょうか?

そしてスバルはアナスタシアとユリウスに再会し、お互いに近況報告をすることになるのでした。

歌姫狂い

どうやら魔晶石を持っているのはプリステラに住む”大商会の跡取り息子”だそうです。

その大紹介の跡取り息子に会いにスバル達は竜船に乗り込んで水上を移動します。

しかし慣れない竜船に船酔いしたスバルは途中で下船し、ベアトリスと共に歩いて行くことにします。

そして噴水のある広場に出たとき、そこに歌を歌う少女リリアナがいたのです。

このリリアナ、何と以前ロズワールの屋敷でスバルと会ったことがありました。

スバルとリリアナは偶然の再会にハイタッチし久しぶりの再会に喜んでいると、そこにもう1人の”知り合い”が現れます。

それはキリタカ・ミューズという男性で、この都市を牛耳るミューズ商会の若商会主だそう。

実はこのキリタカはアニメ1期のロズワール邸にきちんと現れていましたね

さらにベアトリスと契約したこの1年で、スバルは”幼女使いナツキ・スバル”という通り名で少し有名人になりリリアナの耳にも入っていたそうです。

そしてリリアナがスバル達を商会まで案内をしてくれるのでした。

しかしそこでリリアナがエミリアも来ていることを知ると、自分だけが除け者にされたと憤ります。

それを静止しようとスバルがリリアナに触れた途端、キリタカに「僕のリリアナに触れるな!」と感情を爆発させその日の交渉は決裂することに。

王選メンバーとの再会

「水の羽衣亭」に戻ったスバルはユリウスの弟ヨシュアが誰かと揉めているのを見ます。

よく見るとヨシュアの相手は、初めてスバルが転生した際に路地裏で絡まれたチンピラ3人組「トンチンカン」の1人であるラチンスでした。

どういう訳か困惑しているとラチンスの背後から剣聖ラインハルトが現れます。

ラインハルトによるとラチンスは現在、フェルト陣営の1人でありその他の2人も同様にフェルト陣営のメンバーなんだとか。

ラチンスがフェルト陣営に加わるまでの詳しくはこちらの記事にて。

リゼロのチンピラ3人組トンチンカンの名前は?本名や活躍について

さらにラインハルト達もアナスタシアにこの都市に招待されていたのだとか。

現在アナスタシアにはラインハルト達以外にも”客”がいるとのこと。

スバルが中を覗くとそこには剣鬼ヴィルヘルムがいたのでした。

つまりこの場にはクルシュ陣営もいたのです。

アナスタシアは彼らにも声をかけており、唯一わがままなプリシラ陣営には声をかけなかったとか。

クルシュ陣営はアナスタシアに暴食の大罪司教の情報を求めてこの都市に訪れたのだとか。

アストレア家の確執

翌朝、この宿での朝食では”お好み焼き”が出てきます。

名前は「ダイスキヤキ」というこの国特有の物に変わっていました。

そしてこの料理の調理に苦戦していたヴィルヘルムは、ラインハルトに意を決したかのように焼き方を尋ねます。

実はこの2人には亡きテレシア・アストレアを巡っての確執があったのでした。

テレシアはラインハルトの実の祖母であり、ヴィルヘルムは祖父。

テレシアが白鯨との戦いで命を落とした理由には、その戦いの最中にラインハルトに剣聖の加護が移ってしまったからという事実があるようでした。

それに関してヴィルヘルムは何年も心の整理が付いていなかったんだとか。

しかし意を決してこの場でラインハルトに歩み寄ったその瞬間、背後から1人の男の声がしました。

「そりゃないぜ親父殿、今更都合よすすぎるじゃねえか。」

その声の主はヴィルヘルムの実の息子ハインケル・アストレアでした。

彼を連れ同行してきた人物はなんと、アナスタシアにも招待されるのを拒まれたプリシラだったのです。

そこにはアルデバランももちろん同行しています。

プリシラが彼をここに連れてきた理由は、単に面白そうだったからというモノ。

その場をあとにしたプリシラ達のおかげで、その場の空気は最悪なものになってしまったのです。

新たな大罪司教

その後スバルがエミリア、ベティと噴水広場に行くと、リリアナと彼女の歌を称賛するプリシラに出くわします。

スバルは何か飲み物を買うといい単独で動くと、その先でラチンスと会います。

スバルとラチンスの2人は刻限塔の上に人が立っているのに気づきます。

その人物は包帯にグルグル巻きになった女性のようであり、自分が大罪司教”憤怒”担当シリウス・ロマネコンティだと名乗ります。

スバルは身構えて「4人女の子を待たせてる、開放してほしい」とシリウスに告げます。

シリウスはそれは良くないとスバルに耳を貸します。

スバルは話が通じる相手だと少し安堵し、シリウスは自分が魔女教では穏健派だと語ります。

そしてシリウスが”愛”についてスバル達に問いたいと言い出します。

すると鎖に巻かれた少年ルスベルが現れます。

ルスベルの苦しな様子を見た民衆はなぜか一同に彼を励まし出します。

そしてシリウスが彼の家族について語ると、今度は民衆が拍手喝采で涙を流します。

気づけばラチンスも泣いていました。

「???」

混乱するスバルを横目にシリウスはその男の子を刻限塔の上から放り出します。

宙を舞ったルスベルはそのまま地面に落下し死亡、と同時に民衆も死亡したのです。

「な・・・。」

一瞬意識が飛んだような感覚とともに、スバルは先程の噴水広場に立っておりリリアナやエミリアと共にいました。

そこにはラチンスの姿はなく、スバルは瞬間気づきます。

自分が”死に戻り”したことに・・。

 

17巻の内容ネタバレ

不可解な権能

スバルはシリウスの狙いもペテルギウスと同様にエミリアだと思い、シリウスの先回りをして塔に侵入する。

このときのスバルは新たに手にした魔獣を素材にした武器「ギルティ・ウィップ」取り戦いに備える。

塔の中に入ると、そこにはシリウスとルスベルがいた。

シリウスをスバルが鞭で絡め取り塔から落下させルスベルを見ると、ルスベルはなぜか自ら鎖を体に巻こうとしていた。

そしてルスベルが嘔吐し倒れると、なぜかスバルも嘔吐します。

気付くとスバルもルスベルの様に縛られた状態で吊るされていました。

何かシリウスがつぶやいていると、そのままスバルは意識が飛び2回目の死に戻りをしていました。

そこで3度目の正直、スバルはラインハルトを塔へ呼ぶようにとラチンスに上空へと魔法ゴーアを打ち上げてもらいます。

それが合図となりラインハルトもシリウスの前へ駆けつけます。

剣聖をその場に呼べたスバルは勝ちを確信し、ラインハルトは手刀でシリウスの首を跳ね飛ばしました。

しかし振り返ったラインハルトの目には、シリウスと同じ様に首が飛んで死亡した民衆とスバルの死体が写り込んでいたのでした。

このシリウスが使う”憤怒”の権能の正体は下記事にまとめてありますので、気になる方は合わせてどうぞ。

リゼロエミリアの母フォルトナの正体は憤怒の大罪司教シリウス?権能やペテルギウスとの関係も

強欲の大罪司教

ラインハルトにシリウスを倒してもらっても、同じような死に方をしてしまう事を理解したスバルはラインハルトの力を借りることができないと悟ります。

そしてベティとシリウスに打ち勝つことを計画します。

しかしその後を追ってきたエミリアがいました。

エミリアはプリシラの忠告で、スバルを追うことに決めたんだとか。

エミリアもスバル達に協力しシリウスを打倒しようとします。

シリウスはエミリアに狙いを定め業火を放ちますが、そこに何と”強欲”担当大罪司教レグルス・コルニアスが現れます。

そして「約束通り、彼女をボクの79番目の妻にする」と言い、エミリアを連れ去ってしまったのです。

打倒・大罪司教

気がつくとスバルはフェリスにシリウスとの戦いで負傷した傷を癒やされていました。

スバルはシリウスの放った瓦礫の破片で、右足を切断されてしまっていたのです。

その場には他にもアルとクルシュも来ており、スバルは自分が大罪司教に襲われたことを話しました。

するとクルシュからも報告がありました。

スバルが目を覚ます1時間前に、都市庁舎のミーティアを利用した別の大罪司教の放送があったのです。

しかし運悪くそのときにプリステラは魔女教大罪司教たちに襲われてしまいます。

その者の名は”色欲”担当カペラ・エメラダ・ルグニカ

そしてカペラの放送によると、プリステラは魔女教の手に落ちたという事を言い放ったんだそうです。

アナスタシアもスバルに合流し、スバルは王選メンバーに対し「魔女教災害対策本部」設立を宣言します。

都市の4つの制御塔は大罪司教に制圧され、それぞれの塔には魔女教の旗が掲げられている模様。

制御塔にはそれぞれ大罪司教がおり、それぞれを守っていることが予想されます。

スバルら王選候補者達はこの大罪司教達からプリステラを救うために、大罪司教たちとの戦いを始めるのです。

瀕死のミミ

スバル達にユリウスやリカードから連絡が入ります。

白鯨討伐で共に戦ったミミがどうやら瀕死の重傷なんだとか。

とほぼ同時のタイミングでもう一度カペラから放送が入ったのです。

その内容は、”何やら不届きな連中が都市庁舎に仕掛けてきた”というもの。

聞き入るスバル達の前に、突然血まみれのガーフィールがミミを抱えて入ってきたのでした。

スバルに対し「大将おれは役立たずの能無しだ」というガーフィール。

ガーフィールは偶然都市の中で出会い、仲良くなった兄弟がいました。

その兄弟の中の2人が街に遊びに出ていた他、さらに父親がカペラの放送した塔の中で働いていたんだことが判明します。

どうやら最初のカペラの放送を聞いたガーフィールは、その家族のことを救い出したくていてもたっても居られなくなったのです。

カペラの占拠した塔にたどり着いたガーフィールとミミでしたが、残念ながらガーフィールでもカペラには歯がたちませんでした。

正確にはカペラ本人に直接やられたわけではありません。

そこにいたのはフードを頭に被った2人の人物。

カペラを両サイドから守るように立っていました。

その1人は巨漢な男のような見た目、もう1人は細身の女性のようでした。

ガーフィールは獣化して巨漢の男に挑みましたが、パワーで上回られてしまったのです。

身動きの取れないガーフィールを横から細身の女性が狙います。

その攻撃は剣技でした。

劣勢を初めから理解していたミミは、すぐにガーフィールを助け2人の前から撤退します。

追ってきた女性剣士らしき人物から魔法障壁を展開し離脱を図りますが、その剣士の攻撃を受けてしまっていたミミ。

ガーフィールを守ろうと身代わりになりミミが犠牲になってしまった。

自らが持つ「三分の加護」を駆使していても、ミミはそれからガーフィールの腕の中で動かなくなってしまったのです。

その結果を受け自分の軽率な判断を悔いるガーフィールは自らを「役立たずの能無し」と言い、ミミを抱えスバル達の元へと命からがら帰還したのです。

大罪司教攻略戦

水門都市プリステラが瞬く間に一瞬も気の抜けない状況へと変わってしまいました。

「この都市には現在大罪司教が全員揃っている可能性がある」

そう言うのはアル(アルデバラン)でした。

どう言うわけかアルは暴食の大罪司教のことをよく知っているようで、スバルにこの様に助言しました。

「暴食と出くわしたら本名は聞かせるな」

そう言うとアルはその場を後にします。

他のメンバーが大罪司教らを攻略しようと準備をすすめると、スバルも居ても立ってもいられなくなりフェリスに痛覚を除去する魔法をかけてもらいます。

本当はまだ歩けるような足の状況ではないにもかかわらず、エミリアを助けに行くと腹をくくりそれを止める者は誰ひとりいませんでした。

リカードなんかは「兄ちゃんがおったら百人力や!」と喜んでいるくらいですから。

どうやら白鯨やペテルギウスのときの功績を覚えており、それはユリウスもヴィルヘルムも同様でした。

そしてスバル、ガーフ、ユリウス、リカード、クルシュ、ヴィルヘルムの6人で都市庁舎の攻略に乗り出したのです。

都市庁舎に乗り込むとすぐに巨漢と女剣士の2人と戦闘に突入。

巨漢にはクルシュ、ユリウス、リカード。

女剣士にはガーフィールとヴィルヘルムが当たります。

そんなとき黒竜が突然都市庁舎の屋上に現れ、カペラの声で話し始めたのです。

暴食と色欲

カペラが黒い炎を吐き、リカードらが応戦する。

よく見ると黒竜の肌は焼けただれ骨がむき出していましたが、すぐに傷はおぞましい速度で修復され元のきれいな肌へと戻っていったのです。

これをカペラは「死を克服した完全存在」と表現しました。

その後、塔内に消えたカペラを追いスバル、ユリウス、クルシュが突入します。

そこでスバルらは”暴食”大罪司教ロイ・アルファルドと遭遇し戦闘に突入します。

同じ暴食でも、レムの名前を奪ったあの暴食とは違う人物のようでした。

ここに現れた別の”暴食”大罪司教についてや、彼らの権能の秘密については下記事にまとめてあります。

リゼロ暴食の大罪司教ライとは?レム退場の能力やルイ・ロイの人格について

暴食はユリウスに任せ、スバルとクルシュは上に進みます。

すると黒竜とその下に縛られた少女がいました。

黒竜に斬撃を入れるクルシュと、少女を救い出すスバル。

クルシュは黒竜に追い打ちをし黒竜を塔の外に吹き飛ばしました。

少女の縄を解き、他の人々の居場所を聞いたその部屋には無数の人間サイズの蝿がいました。

次の瞬間後ろからクルシュのうめき声が聞こえ、スバルが振り返るとそこにはクルシュを踏みつける少女がいました。

なんとその少女の方がカペラだったのです。

このカペラには竜の尻尾、そして巨大な獣の腕が生えていました。

さらにスバル達に獅子の頭部で噛み付く攻撃も見せるのです。

そしてカペラは自らの手首を切り裂き、スバルの足の傷口に流れる血に自分の手首から流れ出した黒い血を混ぜたのです。

するとスバルは絶叫し、カペラはこの様に言うのでした。

「龍の血が混ざってる血の呪いに負けたらすげーことになる」

どうやらこの黒い血は”龍の血”なんだそうです。

そこに先程塔の外に吹き飛ばされた黒龍が戻ってきて、なんとカペラめがけて炎を吐き出したのでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Re:ゼロから始める異世界生活17 (MF文庫J) [ 長月 達平 ]
価格:704円(税込、送料無料) (2021/9/2時点)

楽天で購入

 

 

 

18巻の内容ネタバレ

エミリアの目覚め

一方エミリアは見知らぬベッドの上で目を覚まし、裸の状態でいました。

そこに白髪の少年が現れ、「僕の名前はレグルス・コルニアス。僕は君の旦那様で君は僕の79番目の妻ということさ。」と告げるのでした。

とその直後、都市庁舎の水門が開き街に水が流れ込もうとしていました。

スバルとクルシュはカペラと戦っていましたが、そこに這い上がって塔に戻ってきた満身創痍の黒龍が2人を脚で掴みその場から飛び去ろうとしたのでした。

しかしその黒龍の翼にカペラの体から生えた大蛇の牙が噛みつき、スバルが放り出され濁流の中に消えてしまったのでした。

その後スバルが目を覚ましたところは街の路地であり、そこにはプリシラとリリアナがいたのでした。

偶然スバルは彼女らに見つけられ助けられたのです。

そしてカペラに切り裂かれたスバルの脚は傷がふさがっていた。

しかし見た目は黒く腐敗したような肉腫で侵食されていて、お世辞にも”治った”とは言い切れないような状態でした。

プリシラがその脚を傷つけても痛みはなく、凄まじい早さで傷が修復しました。

これを見てプリシラは「北方の陰気な術師が好む術法の類に似てる」と言うのでした。

これが恐らく、エルザが不死の体になった呪い人形に関係していると思われます。

スバルが皆と合流するというも、プリシラは「やることがある」と言うのでした。

なお、カペラの権能やその倒し方については下記事にまとめてあります。

リゼロ大罪司教カペラの正体を考察!色欲の権能や倒し方についても

都市に流れ込んできた水に押し流されたことが原因で、他のメンバーの戦いも大罪司教に逃げられたりしていました。

そしてスバルは既に合流していたヴィルヘルムやリカ-ド、そして黒龍に掴まれたまま塔の外に運び出されたクルシュと再会しました。

ユリウスもその場にいましたが、ガーフィールはスバルを探して各避難所を走り回っているんだとか。

しかしクルシュはカペラにかけられた黒い血の影響か、意識を戻してはいなかったのです。

彼らがそれぞれの現状と、これからの方針を討論しているとき突然窓が割れて”憤怒”担当シリウスが突入してきました。

その瞬間へータローとティビーが咆哮波で迎え撃ち、フェリスに対してベアトリスとミミを連れて行くように言います。

そんなときアルがスバルのもとに来て、エミリアからの伝言を伝えるのでした。

 

その時エミリアはレグルスの79番目の妻として、強制的に結婚をさせられそうになっていました。

すでに白いドレスに着替えさせられていたエミリア。

他の妻たちにレグルスの意に反すれば殺されることを聞かされていました。

部屋にいたエミリアは聞こえてきたレグルスの会話から、どのエリアにどの大罪司教がいるのか大体わかったようです。

そして何とかそれをスバル達に伝えたいと思ったとき、そこにあった対話鏡のミーティアが起動しアルが語りかけてきたのでした。

スバルの演説

スバル達はある作戦を考えます。

それが放送用ミーティアの放送で誰かが演説をし人々に希望を与えて、街中を希望で覆い尽くすという作戦だった。

これはシリウスの権能を利用した作戦です。

そして誰が演説するかという事で、スバルが演説をする役に選抜された。

そして実際にスバルが演説します。

この演説は本当にかっこいいので、ぜひ原作を手にとって実際に読んでみてください(*^^*)

 

この演説で街中に勇気が溢れ、さらに王選メンバー面々の士気も急上昇するのでした。

さらに後押しをするかのようにオットーがある人物を連れて合流するのでした。

その人物とは剣聖ラインハルトでした。

屍兵

そこにいたヴィルヘルムが、戦っていたカペラの2人の手下について語りました。

巨漢の方は「八腕のクルガン」、そしてなんと女性剣士の方は「テレシア・ヴァン・アストレア」。

つまヴィルヘルムの妻であり、ラインハルトの祖母だというのです。

どうやらこれは40年前の亜人戦争で死者を蘇らせ、兵士として投入する禁術と同様の類なのだというのです。

19巻以降の内容ネタバレ

様々な情報(敵の正体、使う権能の一部、居場所etc)が徐々に現れ、いよいよ大罪司教を倒すための布陣が展開されることになります。

強欲レグルスにはスバルと剣聖ラインハルト。

色欲カペラ(+八腕のクルガンとテレシア・ヴァン・アストレア)にはヴィルヘルムとガーフィール。

(これにアルが加わることになります)

憤怒シリウスにはプリシラとリリアナ。

暴食ロイ・アルファルドにはユリウスとリカード。

この様に大罪司教攻略の布陣が敷かれるのでした!

ここから先の戦闘はどれも熱いものばかりですので、ぜひ原作でどのような戦いの展開になるのかを確認してみてください!

大罪司教の中でも最強と謳われる”強欲”大罪司教レグルス・コルニアスの倒し方については、下記事にまとめてあります。

リゼロのレグルスは最強?強さ・能力と大罪司教の最後をネタバレ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Re:ゼロから始める異世界生活16 (MF文庫J) [ 長月 達平 ]
価格:704円(税込、送料無料) (2021/9/22時点)

楽天で購入

 

 

 

 

リゼロ3期あらすじはどこまでで放送日は?

ここではアニメ3期がもし制作されるとしたら原作のどこまで放送されて、放送開始時期はいつ頃になるのでしょうか?

「アニメ3期がそもそも放送されるのか?」

という事についてですがほぼ間違いなく放送されるだろうと思っています。

なぜならリゼロはその人気の高さが、3期が作られる大きな理由と言えます。

アニメ本編以外でも外伝が映画化されていますし、スマホゲームとのコラボも多くなされていることがその絶大な人気を物語っています。

漫画が原作の作品ではなく元々はWeb上で投稿されている小説が原作で、そこからこれだけの盛り上がりを見せるリゼロはやはりそのストーリーが大きな魅力

そしてアニメ2期は聖域編で終わることが予想され、その後の展開もかなり気になる様になっています。

そもそも準ヒロインのレムがここからまだまだ眠らされっぱなしということで、レムの復活という事だけでも続きを追いたくなります!

アニメ3期は原作16巻から

アニメ版リゼロの第1期は原作小説の1章~3章までの内容でした。

これは主人公スバルが異世界に召喚されてから、白鯨を撃破するまでの内容です。

ちなみに1章の内容は1巻、2章は第2~3巻3章は4~9巻の途中までという話。

3章は原作9巻の途中までということで、切りの悪いところで終了だったんですね。

そしてアニメ2期「聖域編」は原作小説の4章で、10~15巻までという内容。

強欲の魔女エキドナの試練に挑戦していく&ロズワール邸が強襲されてスバル達がピンチになる。

ではアニメ3期となると原作の5章「水門都市プリステラ編」で16巻~20巻までの内容です。

大罪司教達の猛攻にさらされてエミリア陣営が追い詰められ、そこから反撃に転じていく流れです。

内容のネタバレは19巻の途中までで止めておきました!

本当は19巻途中から20巻まで繰り広げられるスバルたち王選メンバーと大罪司教との戦いがどのような結末を迎えるのかは、自分自身の目で確かめていただければなと思います。

リゼロの各シーズンの原作をまとめると、

1期:原作1~3章(1~9巻)

2期:原作4章(10~15巻)

3期:原作(16~20巻)

というような感じですね!

アニメ3期の放送時期

2016年のアニメ1期の放送から、2020年の2期の放送までなんと4年かかっています。

ではアニメ3期があるとしても放送開始は2025年くらい!?

そうとも言えません。

アニメ3期がもし放送決定すれば、実際はそこまでの間隔は空かないと思っています。

そう思う理由としては、1期・2期の間には映画の制作も入っていました。

そのため4年の期間が空いたのかと。

しかし今回映画などを作らないとなれば、その人気の高さから直ぐに放送されると思います。

原作は現在第7章まで進んでいますし、物語りの内容としてはかなりストックされています。

多少早く制作を開始しても原作としては追いつかれるようなことは無いと思いますね。

ということで個人的には2022年中にはリゼロアニメ3期が放送開始されると予想します!

 

リゼロ3期アニメは原作でどこまでかと放送日まとめ

この記事ではアニメ版『リゼロ』3期があるとすれば、その原作の内容や放送時期はいつ頃なのかについてを記事にしてきました。

この記事の要点は以下の通りです。

  • アニメ3期は原作5章の内容が放送される
  • 王選メンバーと大罪司教らの水門都市における戦いがメインの話
  • アニメ3期の放送開始は2022年か

原作でも大変人気の高い5章ですし、戦いがメインのストーリーということもあり面白くなることが約束されたような内容です。

この章の1番のメインにはレグルスに連れ去られたエミリアを救うため、スバルがラインハルトとタッグを組みレグルスに挑むという展開があります。

最強VS最強という図式が成り立つであろう“剣聖”ラインハルトVS“強欲”担当レグルス・コルニアス

共に最高なチートの2人が激突するのに、興奮が収まりませんね!!

またヴィルヘルムの妻であり、先代“剣聖”であったテレシア・ヴァン・アストレアの死にまつわる重大な内容が明かされます。

ここからアストレア家の試練が始まっていくのです!

その他にもまだ明かされていない王選候補者達の秘密も語られたりと、見どころが本当に多い内容ですね!

ぜひ期待してアニメ3期の制作決定を待つことにしましょう!

それではこの記事の内容を最後まで読んでくださり、ありがとうございました!\(^o^)/

アニメ2期で退場したレムの復活についてはこちらの記事へ