佳久創のお笑い芸人時代のネタ動画や画像は?元相方や俳優になった経緯についても

2020年9月22日

こんにちは、当サイト管理人「イガイガ」です。

今回の記事は、俳優の「佳久創(かく・そう)さんについて記事を書いてみました。

「佳久創」さんと言えばここ数年で注目を浴びてきている俳優さんで、体型を活かした肉体派のキャラクターを演じることが多いです。

この記事では佳久創さんの意外に知られていない、お笑い芸人時代についてを学ぶことが出来ます。

の意外な過去に興味のある方は、ぜひ最後までご覧になってくださいね(*^^*)

 

佳久創のお笑い芸人時代のネタ動画や画像は?

 

「佳久創(かく・そう)さんと言えば、テレビドラマ『ノーサイドゲーム』に出演したことで一気に注目を浴びましたね。

最近では『仮面ライダーゼロワン』の第33話にゲスト俳優として登場しました。

まずは佳久創さんの簡単なプロフィール情報や経歴などを紹介していきたいと思います。

 

佳久創のプロフィールと経歴

名前:佳久創(かく・そう)

生年月日:1990年10月28日

出身地:愛知県名古屋市

身長:185cm

出身校:愛知中学校・高等学校

趣味:ラグビー、筋トレ、映画鑑賞、WWE観戦

所属事務所:アクロスエンタテインメント

佳久創さんと言えば元プロラグビーリーグで活躍した選手です。

ですからその肉体を活かし、ラグビーを題材にしたテレビドラマに出演しています。

 

佳久創のお笑い芸人時代のネタ

 

佳久創さんはラグビー選手を引退後によくある、スポーツ選手のキャリア形成である指導者の道・・・ではなく芸能活動へと方向性を変えます。

佳久創さんは何とお笑い芸人を目指しました

そして漫才コンビ『ピグマリオンコウカ』を2016年に結成しました。

このコンビ名の由来となった「ピグマリオン効果」とは、教育者が生徒に向けて期待を持つほどその生徒の成績が向上するというものです。

なぜこのコンビ名にしたのか、気になりますね。

 

そして同じ年の2016年『M-1グランプリ』にも出場しています。

この時の成績は1回戦敗退という残念なものだったようですね(^_^;)

この時のネタ動画を探してみたのですが、そもそもM-1グランプリの1回戦の動画というものが世に出回っているはずもなく・・(-_-;)

残念ながら佳久創さんのネタ動画を見つけることは出来ませんでした。

しかしながら漫才コンビとして、佳久創さんが相方さんと2ショットで撮影していた画像の投稿を見つけたのでこちらに引用させていただきました。

 

芸人時代の佳久創さんはどんな見た目だったのかすごく興味がありましたが、現在とそんなに変わらない見た目でした。

もっとお笑いのための強烈な見た目なのかと思いましたが違いましたね(笑)

 

佳久創の元相方や俳優になった経緯

 

ここからは佳久創さんのお笑い芸人時代の相方について触れてみた位いと思います。

そしてまた、なぜ佳久創さんがお笑い芸人から俳優に方向転換したのか?についてもフォーカスしていこうと思います。

特に俳優に転向した理由は、幼少期の佳久創さんから分かったりしますね。

 

佳久創の元相方は?

 

佳久創さんのお笑い時代の相方は「ミヤジシンゴ」さんといいます。

そんなミヤジさんは現在、違う相方と『パルテノンモード』というお笑いコンビで活動をしているそうです。

元相方ミヤジさんの現在の漫才コンビのネタは見つかりましたので、こちらに引用掲載させていただきます。

 

 

けっこう面白かったです(笑)

調べてみると、宮治さんは元シンガーソングライターだったので彼の歌唱力はかなりのモノがあります!

その歌唱力で所属事務所主催の『どっきん!人力紅白歌うま合戦』にて優勝した経験があります。

その時の歌がこちらです。

 

普通に上手いですね!

なので彼の活動は必然的に歌の活動が多いようですね。

 

ミヤジシンゴのプロフィール

名前:宮治慎吾

生年月日:1990年12月03日

出身地:愛知県

出身校:名古屋市立大学人文社会学部人間科学科卒業

身長:174cm

体重:57kg

血液型:O型

足のサイズ:26.5cm

趣味:アニメ・漫画・映画・エッセイ

特技:ギター弾き語り、

所属事務所:プロダクション人力舎

引用元:プロダクション人力舎

 

俳優「佳久創」の誕生理由

 

お笑い芸人の活動をあらかた落ち着かせた後に、佳久創さんは現在の事務所アクロスエンタテインメントに所属し俳優として活動していきます。

なぜお笑い芸人を辞めて、今度は俳優に挑戦しようと思ったのでしょうか?

実は佳久創さんは子供の頃からお芝居ごっこをよくやっていたそうです。

これは子供たちを見ているとよく分かります(*^^*)

僕の子供もテレビドラマ(実際は仮面ライダーなど)を見た後はそのキャラクターになり切っています。

そして管理人の僕自身も子供の頃に友達と集まると、実際にビデオカメラでお芝居を撮影して遊んだりしていました(笑)

ですから佳久創さんも元から俳優としてお芝居することには興味が強かったのだと思われます。

芸人も漫才やコントで決められた人物を演じるという事など、共通部分が多かったのでしょうね!

 

佳久創のテレビドラマ出演経歴

佳久創さんは俳優に転向後しばらく脇役を演じてきましたが、2019年に『キミに最後の別れを 〜永遠なれ ラグビーの青春〜』にメインキャストとして出演します。

 

この時の役どころはラグビー部員で、過去の経歴が活きたということですね!

 

さらにTBSで放送されたラグビーを題材にしたドラマ、『ノーサイド・ゲーム』にもレギュラーとして出演したのです。

 

 

最近では、『仮面ライダーゼロワン』“アンドロイドの熱血テニス教師”という配役で出演しています。

これも体育会系バリバリのキャラクターで、佳久創さんのイメージに近いのではないでしょうか?

 

ちなみに佳久創さんは声優にも挑戦した経歴があり、テレビアニメ『ぐらんぶる』にも出演経験があるんです。

 

アスリート・お笑い芸人・俳優・声優をこなすなど、意外にマルチな才能がある方なんですね!(*^^*)

 

佳久創のお笑い芸人時代元相方や俳優になった経緯まとめ

 

元プロアスリートの俳優「佳久創」さんの意外な過去“お笑い芸人”についての記事でした。

お笑い時代の相方「ミヤジシンゴ」さんは現在も頑張っているようです。

「元アスリート⇒お笑い芸人⇒俳優」というなかなか面白い経歴の佳久創さん。

アスリートから俳優への転身はアメリカなどでも割とよくありますし、佳久創さんがこれからどんどんブレイクしていく可能性はかなり大きいのでは?

これからもより一層の活躍に期待したいですね(*^^*)

それでは、今回の記事はここまでです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

タレント

Posted by igaiga