仮面ライダーゼロワン34話のあらすじネタバレ予想!滅亡迅雷の目的と刃唯阿の今後も考察

2020年9月22日

こんにちは、当サイト管理人「イガイガ」です。

この記事では、仮面ライダーゼロワン第34話のあらすじや展開を予想してみました。

33話までが終了して今後の展開がますます面白くなりそうな感じですが、果たしてどの様になっていくのか?

33話のあらすじの展開と、34話の予告動画から気になる点を洗い出してみました。

多少33話のネタバレを含みますので、現在まだ33話をご覧になっていない方はご注意ください。

 

仮面ライダーゼロワン34話のあらすじネタバレ予想!

 

 

仮面ライダーゼロワン34話のあらすじや展開を予想していきたいと思います。

まずは簡単に33話の展開を公式サイトより引用させていただきました。

 

仮面ライダーゼロワン33話あらすじ

諫が、不法投棄されていたテニスコーチ型ヒューマギア・ラブチャンを回収してきた。

イズによると、ラブチャンは中学生の圭太のコーチだったらしい。

或人らが圭太に確認すると、圭太は自分で捨てたことを認める。

電源停止したラブチャンを見た彼女が怖がったから、というのが理由らしい。

ラブチャンに不満はないという圭太は練習を再開させるが、或人はそんな圭太に違和感を抱く。

 

そんなとき、或人らの前にエイムズが現れた。 

垓から「不破諫を消せ」という命令を受けてきた唯阿はジャッカルレイダーを実装。

「不破、お前は仮面ライダーになるべきじゃなかった」と叫びつつ、ランペイジバルカンに襲いかかる。

バルカンの猛攻にジャッカルレイダーは実装を解除するが、諫はそんな唯阿に不審を抱く。

 

一方、圭太がラブチャンの練習を拒否し或人にラブチャンを引き取って欲しいと駆け込んできた。

圭太はただ楽しくテニスをしたいだけ、ラブチャンが目標に掲げるプロになどなりたくないという。

やはりラブチャンを捨てたのは圭太だった事が判明。

ラブチャンと諫は、夢は叶うと圭太を励ますが…。

 

その様子を窺っていた唯阿が「夢、夢、夢、うるさい!」と苛立ちも露わに姿を現した。

さらにやってきた垓は、諫が12年前にヒューマギアに襲われたという過去の記憶はウソであることを暴露する。

自分を突き動かしていたものがすべてウソ…。

あまりにも非情な真実に諫は、立ち直れないほどの衝撃を受ける。

 

ウソの記憶を埋め込んだのも、諫にヒューマギアに対する憎しみを抱かせるため。

すべては垓が諫を“道具”として使いやすくするためだった。

勝ち誇ったように笑みを浮かべる垓に、ついに唯阿の怒りが爆発する。

「あんたはテクノロジーで人の夢を弄んだ!私は絶対に許さない!」
 

唯阿はバルキリーに変身、サウザーに立ち向かう。

 脳に埋め込まれたチップによる頭痛に苦しむバルキリー。

サウザーに苦戦するが、「過去の記憶はどうでもいい。俺には仮面ライダーという夢がある」と立ち直った諫はランペイジバルカンに変身。

バルキリーとの息の合った攻撃でついにサウザーを粉砕する。

 

戦いに勝利し変身を解除した唯阿は、素手で垓に強烈な一発をお見舞いする。

「これが私の辞表だ」

唯阿は「ZAIA」の社章を捨てると、歩き去っていく。

諫はそんな唯阿を笑みを浮かべながら見送る。

 

圭太はラブチャンとの関係を解消。

ラブチャンにコーチ募集のチラシを渡し元気付ける。

そんな二人を或人は笑顔で見つめて…。

 

一方、唯阿の前に滅と迅が現れた。

亡を解放するために力を貸してほしい…。

思わぬ迅の申し出に唯阿は!?

引用元:仮面ライダーゼロワン公式HP

 

ついに唯阿がZAIAの社長で上司である垓をぶっ飛ばしてくれましたねー!!

とてもスッキリした瞬間でした(笑)

 

 

唯阿が心からの叫びをぶつけたのと、相棒の諫の名言をもじったセリフも最高にカッコよかったです!

 

仮面ライダーゼロワン34話の予告動画と展開予想

そして仮面ライダーゼロワン33話の放送後に公開された、第34話の予告動画を御覧ください。

 

 

34話では「滅亡迅雷.net」に関する話がメインテーマになりそうですね。

33話のラストで唯阿を組織の技術顧問に勧誘しようとしていたのですが、その目的は“亡(なき)の開放”というもの。

この回でもう一度、滅亡迅雷が完全復活!?という事がテロップでも流れていました。

果たして動き出した滅(ほろび)の真のねらいが何なのか気になるところですね!

ここからしばらくは「飛電或人」対「滅亡迅雷」という構図に戻っていきそうですねぇ。

 

そしてZAIAの天津垓は唯阿のことも失った今、少し行動は大人しくなって出番は減るのかなと思われます。

 

 

あの憎たらしい1000%社長もこれから出番が少なくなるとしたら、少し寂しさも感じてしまうのでしょうか?(^_^;)

もしそうだとしても、またより強くなった「仮面ライダーサウザー」「過度な自信」で物語に絡んできてくれることを期待しましょう!(笑)

 

 

滅亡迅雷の目的と刃唯阿の今後を考察

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

“All according to the will of the Ark.”

Tsukasa Kadoya 📷 RP/Fanpage(@magenta.devil)がシェアした投稿 –

 

34話から先の『仮面ライダーゼロワン』はどのような物語が展開されていくのでしょうか!?

今回気になる点は、以下の2点。

  • 動き出した滅の目的
  • 唯阿の出したアンサー

 

滅は敵になるか味方になるか!?

 

滅が復活してから、はっきりと“アークの意思”は明かされていませんでした。

「ヒューマギアの開放」を目的に動いていた迅(じん)は、一度すでに或人と共闘しています。

しかし33話ではやはり滅と行動を共にしていて、唯阿に協力を持ちかけていました。

という事は迅はやはり或人達と敵対する?

それとも滅もやがて或人達と共闘する展開になるということ!?

ここからの迅の立ち位置も含め、これらが気になるところですね!

 

 

また34話ではゼロワンメタルクラスターと滅が戦っていました。

一見このまま悪役の復活のように演出もされています。

しかし思えば、相方の迅も共闘前は或人や諫と戦っていました。

数回或人と意見が合わずにぶつかりあった後、ZAIAがもう一度絡んでくることで“ヒューマギアを守るための共同戦線”になっていくのかなと予想します。

 

ちなみに現時点での最強フォーム「メタルクラスタホッパー」と、ラーニングを重ねてサウザーも退かせた「仮面ライダー滅」はどっちが強いのか!?

現在の2人の実力差もとにかく気になります(*^^*)

2人が戦ったら間違いなく、激戦必須でしょうね!!

 

唯阿は滅亡迅雷の技術開発者?

 

唯阿はこのまま諫と同じく、飛電製作所の技術顧問に転職かと思っていましたが何だか違いそうです。

33話のラストシーンで唯阿は滅亡迅雷の2人になんと答えたのかも気になります。

予告動画の中ではまた諫の頭に装置が付けられていて、亡のデータにアクセスしているような描写もありました。

という事はどういう立ち位置かはハッキリしませんが、何らかの形で亡のデータ解析に唯阿が関わる可能性は高そうです。

 

仮面ライダーゼロワン34話のあらすじと滅亡迅雷や刃唯阿の今後を考察まとめ

 

 

仮面ライダーゼロワン34話の展開予想について考察をまとめてみました。

34話から『仮面ライダーゼロワン』の中でもトップクラスの人気を誇る、滅亡迅雷編に戻っていきます。

これは多くのファンが待ち望んでいたことで、非常に楽しみですね!!

“滅の今後の動き”、“アークの意思”、“唯阿の身の振り先”などに注目していきたいですね!

それでは今回の記事はここまでです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

仮面ライダーゼロワン復活の滅が仲間になる可能性はこちらの記事で