キラメイジャー2話の漫画グッドスリー元ネタはルパパト!作者“しほちん”とは?

こんにちは、当サイト管理人「イガイガ」です。

今回の記事は『魔進戦隊キラメイジャー』の第2話に登場した小ネタについてです。

この第2話では“ある漫画”が登場してきています。

その漫画の名は「グッドスリー」。

どこかで聞いたことがないですか?

この記事ではその漫画の元ネタと、漫画を書いた作者のプロフィールについて書いてあります。

ぜひ最後までご覧になってください(^^)

 

キラメイジャー2話の漫画「グッドスリー」元ネタはルパパト!

 

 

キラメイジャーの第2話で登場してきた漫画「グッドスリー」とは、前前作のスーパー戦隊『ルパンレンジャーVSパトレンジャー』のルパンレンジャー達をモデルにした漫画です。

 

 

よく見なくても分かる、レッド・ブルー・イエローの3人組の怪盗ネタ。

どう見てもルパンレンジャーですww

 

漫画「グッドスリー」は映画で初登場

 

この漫画は実はキラメイジャー第2話が初登場ではありません。

初登場は映画『リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー』でした。

 

 

この作品内で、ルパンイエローこと早見 初美花はやみ うみかの友人で、新人漫画家の『一ノ瀬詩穂(いちのせ・しほ)』が描いた漫画です。

 

「グッドスリー」は全3巻発売中

 

グッドスリーは現在全3巻発売されています。

このグッドスリーがどのくらいスゴイかと言うと、「このマンガが泣ける!2020」で第1位を取ったほどの感動超大作です!

キャッチコピーにも「冷えた氷も砕ける切ないドラマ。」と書かれているほどです。

この漫画を読んだマブシーナも大粒の涙を流すほどの作品なんですね!

本当に一度読んでみたいほどです!

主人公は第一巻の表紙でセンターを務めている“黄色の女怪盗”でしょう。

元ネタはルパンイエローで間違いないでしょうね(*^^*)

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#どぅー #ルパンイエロー #🎩

@ satcom7がシェアした投稿 –

 

この主人公の女性が非常に悲しい運命に立たされ、それを乗り越えて一回りも二回りも大きくなっていく様子を描いた作品となっているのでしょう!

 

 

「グッドスリー」の実写化熱望の声多数!?

 

グッドスリーがキラメイジャーに登場し、話題沸騰中です!

この声をいくつか紹介したいと思います(*^^*)

 

 

 

 

この様な声がかなり挙がっていました!

この作品が実写化して、ルパパトスピンオフ作品になっても面白いですね(*^^*)

 

「グッドスリー」の作者“しほちん”とは?

 

 

漫画グッドスリーを描いた作者は、早見初美花(ルパンイエロー)の友人「一ノ瀬詩穂(いちのせ・しほ)」です。

幼少期にいじめられていた初美花を助けてたことから意気投合、お互いの夢を語り合うほどの親友になったのです。

ルパパト本編では敵キャラ「ザミーゴ」に氷漬けにされていましたが、初美花たちがザミーゴを打ち倒したことで救出されます。

 

 

その後、ルパパトの最終回でマンガの編集部にグッドスリーの内容を持ち込んでいたんですね!

そして漫画家「一ノ瀬詩穂」は誕生します。

通称“しほちん”と呼ばれ、キラメイジャーの世界では漫画家の中でも大先生という立ち位置にまで上り詰めたようです!

素晴らしいです、しほちん!!

実はルパパトの最終回では怪盗として、しほちん自身が怪盗チェンジしていました。

そしてルパンレンジャー達を救い出す事に貢献するなど、実は戦闘能力も高かったりして!?

しほちん版のルパンレンジャーも見てみたいですね(*^^*)

 

キラメイジャー2話の漫画グッドスリー元ネタと作者“しほちん”についてまとめ

 

 

キラメイジャーが始まって、ルパパトのネタが再登場してくるなんて本当に粋な計らいですね!

ファンの反応を見ても、ルパパトが如何に大人気だったのかが分かります!

この他にもキラメイジャーにはいくつかの小ネタが散りばめられています。

これからも、素敵な小ネタが登場してきてくれることを楽しみにしたいですね(^o^)

それでは今回の記事はここまでです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!