トイストーリーシリーズの敵キャラクター日本語吹き替え声優の名前一覧!悪役の性格や特徴も

2020年3月2日

こんにちは、当サイト管理人「イガイガ」です。

今回はディズニーの人気映画『トイストーリー』に登場してくる敵キャラクターについての記事です。

たくさんの個性的なキャラクターが登場するこの映画ですが、敵キャラもとても魅力的です。

今回はそんな彼らの特徴や、日本語の吹き替え声優についてもまとめてみました。

どうぞご覧ください(^^)

 

トイストーリーシリーズの敵キャラクター日本語吹き替え声優の名前一覧

 

 

ここからはトイストーリーの悪者の声を担当した声優さんを紹介していきましょう!

簡単に代表作なども紹介しますので、気になったキャラクターがいれば声を聴き比べてみてください(*^^*)

 

シド:堀裕晶(ほりひろあき)

 

「堀裕晶」さんは現在、あまり声優として活動をしていないようです。

過去の作品も全て90年代のアニメ作品で、もしかしたらもう声優業を引退なさっているのかも知れませんね

どなたか「堀裕晶」さんの現在を知っている方がいれば、当サイトの方にコメントしていただけるとありがたいですm(_ _)m。

 

出演作

  • BLUE SEED(1994)
  • とつぜん!ネコの国 バニパルウィット(1998)

 

プロスペクター:小林修(こばやしおさむ)

 

 

出演作

  • 宇宙戦艦ヤマト:ドメル将軍

 

TVアニメでは宇宙戦艦ヤマトの「ドメル将軍」を演じていましたが、メインは映画の吹き替えが多いそうです。

声の質は威厳のある特徴があり、プロスペクターのような陽気な声のほうが意外なのかも知れませんね!

ちなみに2011年に76歳でこの世を去っています。

 

アル:樋浦勉(ひうらべん)

 

 

声優を行っていますが、メインは俳優業であります。

北野武監督の『座頭市』では、ヤクザのお頭を演じています。

 

出演作

  • ブルース・ウィリス 吹き替え
  • ロバート・デ・ニーロ 吹き替え

 

ザーグ:佐々木梅治(ささき うめじ)

 

 

数多くの時代劇やサスペンスドラマへの出演経験がある、ベテラン俳優です。

声優の仕事、特にアニメ作品でもたくさんのキャラクターを演じています。

 

出演作

  • アイシールド21:ムサシの父
  • バジリスク桜花忍法帖

 

 

ロッツォ:勝部演之(かつべのぶゆき)

 

 

数多くのテレビドラマや時代劇に出演するベテラン俳優です。

声優業は映画の吹き替えが多いようで、厳格なキャラを演じることが多いようです。

 

出演作

  • MONSTER:ロベルト(2004)
  • トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン:センチネルプライム(2011)

 

 

ビッグベビー:末原一乃(すえはら いちの)

 

数多くの子役としての経歴を持ち、声優作品はトイストーリー3のビッグベビーのみです

仮面ライダーウィザードにも「リン子の幼少期役」で出演しているんですよ(^^)!

 

出演作

  • 仮面ライダーウィザード(2012)

 

ギャビー・ギャビー:新木優子(あらきゆうこ)

 

 

ファッションモデルの「新木優子」さんです。

本業の声優さんではありませんが、影のあるおもちゃの演じたギャビーが高評価が多いです。

今後、声優のお仕事も増えるかも!?

 

 

ベンソン:堀総士郎(ほりそうしろう)

 

 

なんとまだ20代なのにとても貫禄のある「堀総士郎」さんです。

すでに50作品以上のアニメ作品に出演しています。

 

出演作

  • ワンパンマン:マーシャルゴリラ(2019)

 

トイストーリー1~4悪役の性格や特徴

 

トイストーリー以外でも、ディズニー作品に登場してくる敵キャラクターのことを「ディズニーヴィランズ」といいます。

代表的なもので言えば、『眠れる森の美女』のマレフィセント『アラジン』のジャファーなどがそうですね!

では、映画『トイストーリー』シリーズにはどの様なディズニーヴィランズが登場してきているのでしょうか?

そんな悪者ヴィランズ達の、トイストーリーでのキャラ設定性格・特徴などをまとめてみました。

まだ見たことがないキャラがいれば、ぜひ本編を見る前にこちらでチェックして行きましょう!

 

シド(トイストーリー1)

 

 

トイストーリーと言えばまず真っ先に登場した悪役が、人間の男の子で通称“おもちゃ殺し”のシドですね!

実はディズニー映画が『PIXAR』と共同開発されるようになってからの、初めてのディズニーヴィランズがこのシドなんです。

“おもちゃ殺し”というニックネームが付くほど、とにかくおもちゃを乱暴に扱います

バラバラにした他のおもちゃのパーツを組み合わせて作り上げた、「ミュータント・トイ」が特徴的です。

 

 

シドは性格もかなり乱暴者で、おもちゃを改造する以外にも火薬を使っておもちゃを爆破したりと非道極まります。

しかし母親の前では良い子に振る舞う二面性があり、かなりサイコパスだと表現するファンもいます。

シドの作ったミュータント・トイについてはこちら

 

プロスペクター(トイストーリー2)

 

 

2作目に登場した悪者は、炭鉱夫のおもちゃ「プロスペクター」です。

おじいちゃん型の陽気なおもちゃですね。

プロスペクターは第一印象は陽気なおじさんで、炭鉱夫のおもちゃです。

心の中では「博物館に飾られたい」という思いがあります。

その理由は過去に仲間の「ジェシー」が、持ち主の女の子に捨てられてしまったことがトラウマとなってしまった為です。

その経験から人間の子供に可愛がられるより、飾られているほうが良いと思うようになったのです。

その目的を邪魔する者には恐ろしい報復をしようとします。

プロスペクターの誘いを断り、持ち主のアンディの元に戻ろうとしたウッディを襲ったりしました。

それほど表裏の二面性がある性格です。

 

アル(トイストーリー2)

 

 

こちらもトイストーリーの2作目に登場した悪者のおじさん「アル」

おもちゃ屋を営んでおり、お金(売り上げ)のためなら何でもやる性格です。

自分自身がニワトリの着ぐるみで、マスコットキャラクターを演じるなど体も張っちゃいます!

 

 

プレミア価値のあるウッディをガレージセールで見つけた際に、ウッディを手に入れようと持ち主のアンディの母に交渉するも断られます。

それに引き下がらずに、ついにウッディを盗難してしまいます!

 

ザーグ(トイストーリー2)

 

 

こちらは「バズ・ライトイヤー」の宿敵「ザーグ」です。

実際にウッディ達の前に立ちはだかった訳ではないですが、おもちゃのバズの世界”では大ボスとして君臨していました。

映画『スターウォーズ』のダースベイダーをパロったキャラクターで、今作のみの登場ながら高い人気を誇ります。

 

 

ロッツォ(トイストーリー3)

 

 

『トイストーリー3』からはクマのぬいぐるみ「ロッツォ」を紹介します。

見た目はかなり可愛いピンクのクマさんですね(*^^*)

性格も優しいのですが、しかしその心の中では・・・。

サニーサイド幼稚園を支配する心の歪みがあるぬいぐるみで、新入りのおもちゃ達が自分らにひれ伏すまで酷い扱いをします。

敵だけど愛されるロッツォの秘密はこちら

 

ビッグベビー(トイストーリー3)

 

 

こちらもトイストーリー3に登場のロッツォの部下(?)、「ビッグベビー」です。

かなり大きなサイズの赤ちゃんのお人形ですね。

見た目が怖いという意見の人が多いです。

 

ギャビー・ギャビー(トイストーリー4)

 

 

最新作の『トイストーリー4』の悪者は、女の子のおもちゃ「ギャビー・ギャビー」です。

上記Twitterの方も書いていますが、実は4作目の1番の功労者は彼女だとか!?

一度も子供に愛されたことがないという、悲しい過去を持っています。

心に闇を持っているかと思われていましたが、本当は心優しい性格も持っています。

 

ベンソン(トイストーリー4)

 

 

4作目に登場したギャビーの右腕です。

全部で4体のベンソンが登場してきました。

かなり見た目と動きが君の悪い印象があり、多くの視聴者が“某おもちゃホラー映画のキャラ”を思い返したとかしないとか!?

 

 

トイストーリーシリーズの敵キャラクター日本語吹き替え声優まとめ

 

 

以上がこれまでに登場してきた、トイストーリーの悪者キャラクター達のまとめ記事でした。

敵対してきたキャラですが、実は良いやつも多いトイストーリーのヴィランズ達。

これからもその個性で、ファンを獲得していって欲しいですね。(*^^*)

それでは今回の記事はここまでです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!