トイストーリー4「チョコプラ」が上手い!ダッキー&バニーの吹き替えが芸人で高評価の理由

2020年9月22日

こんにちは、当サイト管理人「イガイガ」です。

今回の記事は大人気ディズニー映画『トイストーリー』の4作目に、日本語吹き替え声優として出演していた『チョコレートプラネット』さんについてです。

彼らが演じたキャラクターの「ダッキー&バニー」

この2体の吹き替えが、チョコレートプラネット(※以下チョコプラ)の2人の声にピッタリとハマっていたそうです!

そんなチョコプラがトイストーリー4に出演することになった経緯や、声優として高評価の理由について調べてみました。

あまりチョコプラの2人を知らないという方も、この機会に彼らのことを覚えてみてはいかがでしょうか?

 

トイストーリー4「チョコプラ」のダッキー&バニーの吹き替えが上手い!

 

 

彼らチョコプラの2人が演じたキャラクターは「ダッキー」「バニー」といいます。

アヒルとウサギのぬいぐるみ仲良しコンビで、「スターアドベンチャー」という射的ゲームの景品にされていました。

本作の予告ではチョコプラをオマージュした漫才を披露したり、ウッディやバズのモノマネをするなどコミカルな一面も。

その名コンビの2人を今回、お笑い芸人の「チョコプラ」が務めたのです。

アメリカ版の吹き替え声優も、実はコメディアンの「キーガン=マイケル・キー」「ジョーダン・ピール」が担当していました。

 

 

そんなチョコプラの吹き替えが、実は予想以上に上手で高評価なんです!

まさかまさかのダークホースでしたね。

では彼らの演じるダッキー&バニーの声を聴いてみましょう。

 

 

いかがです?

やっぱり上手ですよね!?

吹き替えっぽさが上手に出ていますねw

Twitter上でも高評価が続出です。

 

 

 

 

 

チョコプラの声優はアニメ映画だけでなく、実写映画の日本語吹き替えもどんな感じになるのか聴いてみたいですね(*^^*)

 

チョコプラは「名探偵コナン」にも出演

 

チョコプラは過去に、名探偵コナンのスペシャルエピソード「大怪獣ゴメラ vs 仮面ヤイバー」にも声優として出演していました。

その時は容疑者A・Bという脇役での起用でした。

おそらくこの時のアフレコ(声あて)の出来栄えが、業界の方の目に止まったのでしょうね。

 

 

チョコプラのプロフィール

 

チョコプラ(チョコレートプラネット)は吉本興業に所属する若手お笑いコンビです。

2006年にコンビを結成し、主にコントでネタを披露してきました。

元々は「テレキネシス」という旧コンビ名だったようです。

デビューから2年後の2008年に出場したキングオブコントで、いきなりの4位に入賞します。

才能に満ち溢れていますね!

そして2014年にはキングオブコントで準優勝し、2018年には3位入賞と惜しくも優勝はなりませんでしたが輝かしい経歴を持っています。

 

代表ギャグは「TT兄弟」ですね!

これは小さな子供までみんな真似しています(笑)

 

 

リズミカルな「ティー・ティ・ティー、ティー・ティー・ティー…」というフレーズが脳内に焼き付きます(^^)

これが2019年には大ヒットし、各CMに起用されたりとチョコプラにとってはまさに大ヒットのネタとなったんですね。

 

ダッキー:松尾駿

 

 

まずは松尾駿(まつお・しゅん)さんです。

彼はチョコプラのツッコミ担当です。

ダッキーのニヒルなキャラクターをクールに演じていました。

出身地は神奈川県で、お笑い芸人になる前は音楽活動をしていました。

その他に趣味で、バスケットボール・サッカー・スノーボードをやるなど運動神経も高そうですね!

 

バニー:長田庄平

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

京都国際映画祭 inイオンモールkyoto #京都国際映画祭 #イオンモールkyoto #吉本興業 #チョコレートプラネット #チョコプラ #tt兄弟 #長田庄平 #和泉元彌 #そろりそろり #松尾駿 #Ikko #どんだけー #ギャロップ #林健 #毛利大亮

ウッディ(@harasann1101)がシェアした投稿 –

 

バニーのコミカルなキャラクターを演じたのは、チョコプラのボケ担当長田庄平(おさだ・しょうへい)さんです。

長田さんは京都府の出身です。

出身高校は『京都学園高等学校』でありその頃に陸上部に所属していました。

そのルーツからか、相方の松尾さんと同様にたくさんのスポーツが趣味です。

趣味にはジョギング・スノーボード・モトクロスなどに取り組んでいるようですね!

 

 

お笑い芸人「チョコプラ」の吹き替えが高評価の理由とは?

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今日は豊橋競輪へチョコプラのステージ見に行ってきたぁ🚲 ネタは……寒さのせいかイマイチ💦でもTT兄弟見れた😃 写真のみ可でパシャリ📱💥 ルールもよく分からないまま第六レースだけやって2連単でパパ当てって1000円だけどゲット‼️後からかけ金100円だったのを後悔(笑) 競艇も迫力あるけど、競輪もラストスパートの追い抜きの一瞬がとにかく面白かった☝️カッコイイ🤗 #豊橋 #豊橋競輪 #G1#全日本選抜競輪 #チョコプラ #コント #お笑い芸人 #お笑い#競輪 #かっこいい #寒かった

杉野久美(@miyusawamama)がシェアした投稿 –

 

実はチョコプラは大のディズニー作品のファンなんです。

そしてトイストーリー4の声優のオーディションが開かれることになります。

このオーディションにダッキー&バニー役を射止めるために、チョコプラも参加していました。

そして「再オーディションを行なうから会場に来てくれ」という偽情報に踊らされ、そこの会場でサプライズ発表されたのです。

この時、憧れのディズニー作品に参加できるということで、めちゃくちゃ嬉しかったようですね(*^^*)

ではなぜ声優としてチョコプラは上手かったのでしょうか?

 

ディズニーの大ファンだった

 

チョコプラの2人はディズニー作品については昔からの大のファンでした。

大好きなディズニー作品に出演できて、チョコプラの2人は嬉しかったでしょうね(*^^*)

トイストーリー4への出演が決まって、松尾さんが話していたコメントがこちらです。

 

「TT兄弟というネタをしている僕たちが、Tから始まる『トイ・ストーリー』に参加するなんて!」

「最高にうれしかったです!!」

 

ということは、チョコプラの2人は昔からたくさんのディズニー映画を観てきているのでしょう。

どんな“雰囲気”で、どんな“間”で声を当てていけばいいのか感覚でわかっていたのかも知れませんね。

まさに好きこそ物の上手なれという事ですね!

 

歌が上手い

 

チョコプラの松尾さんは、お笑いをやる前は音楽活動をやっていたと書きました。

その歌の経験は声優にも活きているようです。

 

かなりオモシロ映像でしたが、普通に歌上手いですよね?

この他にもモノマネのネタはいっぱいありますね!

やっぱり上手に歌います!

歌唱力だけでみたらかなりのモノですね。

思えば「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんも、歌が上手く声優としても才能を発揮していました。

「クレヨンしんちゃん」の映画キャラや、映画「アベンジャーズ」のホークアイ役を演じていました。

宮迫さんの声優もかなりの高評価で、上手だと言われていました。

このことからも、歌が上手な方は、その声色や声量の大きさなどから声優に向いているのかも知れませんね(*^^*)

 

トイストーリー4「チョコプラ」のダッキー&バニーの吹き替えが上手い理由まとめ

 

 

今回トイストーリー4で、ダッキー&バニーの声を演じたチョコレートプラネットを特集しました。

声優の演技力が高い彼らは、今後も声優としての仕事が増えていきそうですね(*^^*)

今後もアニメ作品や、映画の吹き替え作品などで彼らが起用されることに注目しましょう!

それでは今回の記事はここまでです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

トイストーリーに登場のその他キャラクターの声優情報はこちら