【スターウォーズ7・フォースの覚醒 】カメオ出演俳優まとめ!ストームトルーパーについても

2019年12月20日

こんにちは、当サイト管理人の「イガイガ」です。

今回の記事は『スターウォーズエピソード7 フォースの覚醒』にカメオ出演した俳優たちを紹介したいと思います。

意外な大物もエピソード7に出演していますので、気づかなかった・知らなかったという方は、もう一度エピソード7を見返しても面白いと思いますよ?

それではさっそくご覧になってください。

 

【スターウォーズ7・フォースの覚醒】カメオ出演について

 

 

ちなみにカメオ出演というのがどんな事なのでしょうか?

本題に入る前に簡単にカメオ出演のことを説明しますね。

この「カメオ出演」とは過去に関係していたキャラクターでとても重要な役どころだった人物を、短いシーンだけ起用するというファンを喜ばせるための演出のことです。

日本では似たような言葉で「特別出演」「友情出演」という言葉もあります。

友情出演は文字通り、監督やスタッフと仲の良い役者に割と低予算で登場してもらえるというメリットがあるのです。

ちなみにスターウォーズ作品ではカメオ出演は当たり前で、他のエピソードにも多くのゲスト俳優が出ているんですよ。

 

【スターウォーズ7・フォースの覚醒 】カメオ出演した俳優まとめ

 

 

ではまず一気に、スターウォーズエピソード7に登場したカメオ出演した俳優を紹介していきたいと思います。

けっこう有名人やビッグアーティストも登場していますので、意外に驚く内容ですね!

ちなみに俳優以外にもたくさんの出演者がいましたので、役者以外の人物ももちろん紹介しますね(*^^*)

 

ユアン・マクレガー&アレック・ギネス(オビワン・ケノービ):ライトセーバーの声

 

新3部作でオビワン・ケノービを演じた『ユアン・マクレガー』さんが、スターウォーズエピソード7にも登場しています。

ユアン・マクレガーはレイがライトセーバーを手に取ろうとしたシーンで、頭の中がフラッシュバックするシーンにてオビ・ワンの声で再登場してきます。

※姿は見せません。あくまで声だけの出演です。

しかもユアン・マクレガーのみでなく、なんと旧三部作でオビ・ワンを演じた『アレック・ギネス』さんも声のみのカメオ出演しています。

新旧2人のオビワン・ケノービが同じシーンで喋るなんて、なんて豪華な演出なんでしょうか?

 

エピソード7撮影時にはアレック・ギネスさんは他界しているために、旧作品で使っていた『恐れるな/afraid』というセリフを一旦バラバラにします。

そこから「レイ」の部分だけを切り抜いて、あの声が出来上がったんですね!

しかし今回のユアン・マクレガーの声は実際にこの映画のために声を当てたもので、その手間ひまやコストを考えるとファンにはかなり嬉しい演出ですね!

 

ダニエル・クレイグ:レイの拘束具を外すストームトルーパー役

 

フォースの覚醒に登場のカメオ出演1人目は、007シリーズの「ジェームズ・ボンド」役を演じる『ダニエル・クレイグ』です。

 

 

「え!こんな有名人どこかに出てた!?」

そう思うかも知れませんね。

確かに出ているんですが、素顔は晒していません。

なんとストーム・トルーパー役で出演していたんです。

どうやらレイが拘束されていた部屋で、彼女のフォースに操られて拘束具を外してしまったストーム・トルーパーです。

 

 

公式ではありませんが、ファンはこのストーム・トルーパーのコードネームを「JD-007」と呼んでいるんだとか(笑)

クールなボンドのイメージからは想像つかないような役回りですね。

 

フランク・オズ:ヨーダの声役

 

 

今度はヨーダの声を担当していた『フランク・オズ』もカメオ出演していたようです。

フランクもオビワンの声同様、レイが惑星タコダナでルークの使用していたライトセーバーに手をかけた瞬間、フラッシュバックするシーンでヨーダの声が聞けます。

ヨーダの姿は見れませんが、オビワン同様ファンにとっては嬉しい台詞が聞けるという演出ですね!

 

ワーウィック・デイビス:マズカナタの酒場でウォリヴァン役

 

「エピソード6ジェダイの帰還」で登場したイウォーク族という小さな熊みたいな種族がいたのを覚えてますか?

 

この小さくて可愛いやつです(笑)

このイウォーク族のウィケットを演じていた『ワーウィック・デイビス』は、フォースの覚醒でマズ・カナタの酒場にいた「ウォリヴァン」というキャラクターを演じていました。

 

 

ビリー・ロード:コニックス中尉役

 

さらにさらに、レジスタンスのトップ「レイア」を演じたキャリー・フィッシャー』の実の娘である『ビリー・ロード』もカメオ出演しています。

レジスタンスの『コニックス中尉』を演じていました。

 

キャリー・フィッシャーと同じく綺麗な方ですね(^^)

 

 

ハリエット・ウォルター:ドクター・カロニア役

 

もう一組、身内のカメオ出演として新三部作でドゥークー伯爵を演じた『クリストファー・リー』の姪である、「ハリエット・ウォルター」がカメオ出演しています。

その役はチューバッカの手当てをしていた『ドクター・カロニア』を演じています。

 

 

以上が『スターウォーズ フォースの覚醒』にカメオ出演した方々でした。

実はここに紹介したスターウォーズに縁のあった方以外にもカメオ出演者はまだまだいるんですが、他の方々は割愛させていただきます。

 

グレッグ・グランバーグ:テミン・“スナップ”・ウェクスリー役

 

 

『グレッグ・グランバーグ』さんは、フォースの覚醒の監督である「J・J・エイブラムス」の幼馴染です!

そんな彼はレジスタンスの「テミン・“スナップ”・ウェクスリー」として出演していました。

実はこの他にもJ・J・エイブラムス作品に登場していて、『M:i-3 ミッション:インポッシブル3』、「LOST」、『SUPER 8/スーパーエイトにも出演していますよ。

 

サイモン・ペッグ:アンカー・プラット役

 

 

惑星ジャクーでレイからパーツの買取を行っていた宇宙人を『サイモン・ペッグ』さんが演じています。

サイモン・ペッグさんは元々スターウォーズの大ファン。

出演が決まったときはかなり嬉しかったようで、フォースの覚醒のメイキング映像にも出演しています。

サイモン・ペッグさんはこの他にスタートレックにも出演していて、2大ビッグSF作品に登場しているんです。

 

 

ジェラルド・Wエイブラムス:キャプテン・サイプレス役

 

 

なんと今作、監督のJ・J・エイブラムスのお父さんも登場しています。

その名は『ジェラルド・W・エイブラムス』といい、テレビ番組のプロデューサーをやっている方です。

そんな監督のお父さんが演じたキャラクターは、レジスタンスの『キャプテン・サイプレス』です。

結構いい表情で演技をなさっていますよね!?(*^^*)

そんなジェラルドさんも、スタートレックにも出演しているというSFファンには羨ましい限りの方ですね。

 

007俳優「ダニエル・クレイグ」がカメオ出演でストームトルーパーになった理由

 

画像引用元Twitter

 

この理由については、『スターウォーズフォースの覚醒』の撮影していた同時期に、たまたま『007 スペクター』の撮影も行われていたようです。

そしてスターウォーズの撮影スタジオがたまたま007の撮影所と近かったために、ジェームズ・ボンド役の「ダニエル・クレイグ」がカメオ出演するということが実現したんだそうです。

しかし、❝たまたま撮影所が近いから❞なんて理由だけで主演のダニエル・クレイグが他の作品に出演するでしょうか?

欧米人特有の細かすぎない幅広い心が、それを受け入れた可能性も十分あり得ます。

しかしやはり普通に考えてあり得るのは、俳優ダニエル・クレイグがすごくスターウォーズのファンだったという事です。

 

【スターウォーズ7フォースの覚醒】になぜオビワン・ケノービはカメオ出演した?

 

 

オビワン・ケノービ役の「ユアン・マクレガー」「アレック・ギネス」なぜスターウォーズエピソード7に再登場したのでしょうか?

それは2人の(アレックスは2000年に死去スターウォーズへの愛情に他ならないでしょう。

ユアン・マクレガー本人が演じる、オビワン・ケノービを主人公にしたスピンオフドラマ『Disney+』で制作決定しています。

これのPRも、もしかしたらあるのかも知れませんね!

しかし噂では続三部作の完結編であるエピソード9に、オビワンがもう一度再登場するかも!?

とも言われています。

もう一度オビワン旋風がスターウォーズに巻き起こるかもしれませんね!

ライトセーバーのシーンでオビワンのセリフの意味はこちら

 

【スターウォーズ7・フォースの覚醒 】カメオ出演した俳優まとめ

 

 

この様にスターウォーズシリーズにはたくさんのカメオ出演者がいるんですね。

過去作を観てきた古くからのスターウォーズファンにとっては、こういったカメオ出演は非常に嬉しいですね。

スターウォーズ最新作の『エピソード9 スカイウォーカーの夜明け』でもたくさんのカメオ出演が用意されている可能性が高いので、情報が分かり次第追記していきたいと思いますね。

それでは今回の記事はここまでです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スターウォーズエピソード8に登場のカメオ出演俳優はこちら