仮面ライダーゲイツリバイブの正体とその意味!新フォームや武器をネタバレ考察 【最新画像付】

2019年4月14日

こんにちは!

 

毎週日曜日の朝に子供とヒーローの世界に現実逃避をしているイガイガです。

 

さて今回は新章❝未来編❞に突入した仮面ライダージオウの話です。

 

3号ライダー仮面ライダーウォズ』の追加や、新しい未来ライダーの登場で盛り上がっている本編ですが、いよいよソウゴとゲイツもバージョンアップがされていくようです。

ちなみに仮面ライダーウォズや未来ライダー達の情報は下記リンクからどうぞ。

 

仮面ライダーウォズについてはこちらから

仮面ライダーシノビについてはこちら

仮面ライダーキカイについてはこちら

仮面ライダークイズについてはこちらから

 

バージョンアップが発表されているのは仮面ライダージオウと仮面ライダーゲイツ。

 

今回は仮面ライダーゲイツに注目です。

 

ゲイツがどのようなパワーアップをしていくのか、現時点で判明している情報を載せていきたいと思います。

 

 

仮面ライダーゲイツがゲイツリバイブに進化する!?

 

 

まずゲイツの新バージョンの伏線が本編17話ですでに張られています。

 

それがゲイツやツクヨミ達とは違う未来から来た白ウォズのこのセリフ。

 

「やあはじめまして、我が救世主ゲイツリバイブ」

 

このゲイツリバイブという名前で、ん?と思いませんでしたか?

 

名前変わってますがな・・・。

 

その時はその程度にしか思えなかったのですが、今に思えば完全にこちらへの伏線でしたね。

 

それはどういうことかと言うと、新章でパワーアップする仮面ライダーゲイツの新バージョンの名前が『仮面ライダーゲイツリバイブ』だからです。

 

ココ最近のジオウとゲイツは仮面ライダーディケイドや未来のオーマジオウの手先、仮面ライダーウォズなどにも戦闘で遅れを取ることが多くあまりパッとしてませんでした。

 

特にゲイツなんかは完全に噛ませ犬キャラになっていて、オーマジオウの手先たった1人にボコボコにされる始末。

 

たしかに2号ライダーとはそういった扱いを受けやすいポジションなのですが・・・。

 

そこでゲイツもパワーアップして彼らに遅れを取らないようにということなんですね。

 

リバイブの意味は何なのか?

 

ここでなぜ仮面ライダーゲイツリバイブなのかという事です。

 

リバイブとは日本語に訳すと再誕・復活といった意味があるそうです。

 

ということはストレートにイメージすると、いったん何らかの理由でやられてしまうゲイツが復活して大幅強化されて戻ってくるという具合でしょうか?

 

ちなみにジオウの方もアップグレードされる情報が入っています。

 

その名は仮面ライダージオウⅡです。

 

バージョン2だからジオウⅡ、わかりやすくて個人的には好きです(笑)

 

では次から仮面ライダーゲイツリバイブの仕様や扱う武器などについて触れていきたいと思います。

 

仮面ライダーゲイツリバイブ新フォームのキーワードは“剛烈と疾風”

 

 

この画像はゲイツリバイブウォッチを発表したメーカーさんの物ですが、画像を見るとゲイツリバイブは2種類の形態になれるようです。

 

その名も剛烈(ごうれつ)疾風(しっぷう)です!

 

ゲイツはGショックのような形のデジタルウォッチがモチーフだと思いますし、漢字のネーミングが意外でしたがとてもカッコいいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

砂時計型のゲイツリバイブウォッチをジクウドライバーに組み合わせることで、ゲイツはパワーアップするようです。

 

しかしこのゲイツリバイブウォッチの向きによって、剛烈か疾風かを選ぶそうです。

 

つまりレジェンドライダーのライドウォッチと同じ要領でこのリバイブウォッチを装着し、剛烈アーマーか疾風アーマーかを選ぶということじゃないかと思います。

 

なお、砂時計ということは砂が落ちきるまでの時間制限のようなものがリバイブウォッチにはあるかもしれません。

 

一定時間が経過すると、各アーマーの強制解除のようなデメリットももしかしたらあるのかもしれませんね。

 

仮面ライダーゲイツリバイブ剛烈の特徴

 

ここからは完全に僕の主観ですが、まず剛烈はパワーに特化した型なのではないでしょうか。

 

もうこれは名前によるイメージの他ないんですけどね(笑)

 

画像を見ても分かるように、肩周りが丸く盛り上がったシルエットをしています

 

つまりパンチが強そうな体型という事です。

 

格闘家を見てもそうですが、ハードパンチャーな人達は大きな肩の筋肉を持ち合わせています

 

ワンピースのルフィで言ったら、ギアフォースという感じです。

 

仮面ライダーゲイツリバイブ疾風の特徴

 

剛烈に対して、疾風はスピードに特化した型だと思われます。

 

これも名前のイメージそのまんまなんですが(笑)

 

画像のシルエットを見ても肩の位置にブースターのような物がセットされています。

 

これだけでも早く飛び回れる感じがしますよね?

 

シルエットだけはもう完全にダブルオーガ◯ダムです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何なら空も飛んでしまいそうで、空中戦もこれからどんどん展開されていきそうです。

 

なぜなら未来からの仮面ライダーがたくさん現れていくこれからの展開、もしかしたら仮面ライダーフライなんていう空飛ぶ未来ライダーが登場して空中戦になるかもしれません。

 

いや、すでに昭和ライダーでスカイライダーがいました・・(爆)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和のアナザーライダーが出たらこの戦いもありえますよ。

 

 

仮面ライダーゲイツリバイブ新しい武器は“ジカンジャックロー”

 

続いて仮面ライダーゲイツリバイブの使用する新しい武器を紹介しましょう!

 

これがまたカッコいいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジカンジャックローの詳細はコチラ

名前をジカンジャックローと言います。

 

時間をジャックする事と、クロー(爪)がかかっています。

 

このジカンジャックローはゲイツが今まで使っていた、ジカンザックスと同じく2種類のモードが存在します。

 

2種類の形態に変形して敵を攻撃します。

 

ジカンジャックロー①ノコモード

 

1つ目の形態はノコギリの形に変形をします。

 

ノコギリと言ってもこちらの形では無いです。

       ↓↓↓

 

 

 

 

 

丸のこという、電動式の木材などをカットする丸いノコギリです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公式発表の画像では手に持ったノコモードで、相手に叩きつけるような戦い方をしそうですね。

 

どちらかといえば剛列の型で使用されるような印象がありますね。

 

ジカンジャックロー②ツメモード

 

第2形態は爪の形に変化するツメモードです。

 

この型では相手を切り裂く斬撃を繰り出しそうですね。

 

仮面ライダーオーズの両手にある爪を彷彿とさせる使い方でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージですが、疾風のアーマーで使用されるイメージがありますね。

 

仮面ライダーゲイツリバイブの意味と正体、新フォームの最新ネタバレ情報まとめ

 

  • 仮面ライダーゲイツの発展形はリバイブ。意味は再誕や復活
  • 仮面ライダーゲイツリバイブには“剛烈”と“疾風”の2つの型がある
  • 新しい武器は“ジカンジャックロー”で、オノモードとツメモードの2つの型がある

 

というようにバージョンアップしていく仮面ライダーゲイツです。

 

ジオウと共に新しく生まれ変わった勇姿を早く見てみたいですね!

 

それでは今回も最後までお読み頂いて、ありがとうございました!