【トイストーリー3】バズのスペイン語の理由はなぜ?セリフの意味と声優は誰かも

2020年5月4日

こんにちは、当サイト管理人「イガイガ」です。

今回はディズニー映画『トイストーリー3』のあるワンシーンについて書いてみました。

そのワンシーンとは、登場してくるメインキャラの「バズ・ライトイヤー」がスペイン語になってしまうシーンです。

この時のバズが話していたスペイン語にはどんな意味があるのか?

そして、そのスペイン語を話していた声優については誰なのでしょうか??

そういった事についてこの記事では書かせていただきました。

バズのスペイン語について気になる方は、ぜひ最後までお読みください(^^)

 

【トイストーリー3】バズのスペイン語の理由はなぜ?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

トイストーリー・バズライトイヤー・ヴァイナルコレクディブルドールズ・メディコムトイ #トイストーリー #メディコムトイ #ピクサー #トイストーリーグッズ #トイストーリーグッズ #トイストーリーコレクション #トイストーリーフィギュア #ピクサーフィギュア #ディズニーピクサー #バズライトイヤー #トイストーリーシド#ヴァイナルコレクティブルドールズ #pixar #disnypixar #toystory #buzzlightyear #toystoryscud #toystorytoys #toystoryfigure #toystorycollection #toystorycollector #medicomtoy #vinylcollectibledolls #pixarfigures

moafrosensei(@moafrosensei)がシェアした投稿 –

 

『トイストーリー3』の物語の中で、バズ達は「アンディ」の元からサニーサイド保育園に寄付されました。

そこで保育園を仕切っているクマのおもちゃ「ロッツォ」によって、バズらは拘束されてしまいます。

その際、リーダー役だったバズは初期化スイッチを押されて記憶を失ってしまいます。

その後ウッディが合流し、仲間達の手でバズの初期化をもう一度試みることに。

その際仲間の「レックス」によってスイッチが切り替わり、日本語モード”から“スペイン語モード”に切り替わってしまったのです。

スペイン語モードとなっていますが話す言語がスペイン語になっただけではなく、性格までスペイン人になっています。

元々バズは正義感あふれる悪を許さない真面目な性格でしたが、スペイン語モードではより情熱的な性格になっています。

 

 

ジェシーを見つけたスペイン語バズは、恋人の「ジェシー」を見つけると直ぐに口説き始めます。

さすが中身はスペイン人ですから、美しい女性には真っ先に声をかけなければいけない性分なんでしょうね(笑)

この時のジェシーの困惑した表情が何とも言えません!(*^^*)

 

スペイン語バズとジェシーの情熱のダンス

スペイン語バズはジェシーに向けた愛のダンスを踊ろうとするのです。

このダンスの種類を調べてみたのですが、スペイン(南米系)のダンスは10種類くらいあって正直わかりませんでした。

僕個人的には「フラメンコ」とか「サルサ・ダンス」なのかなと思ったのですが・・・。

どなたか南米のダンスに詳しい方がいたら、教えていただきたいです!

 

バズライトイヤー・スペイン語モードの理由

バズがスペイン語を話した理由は、制作スタッフの中にスペイン人がいたという理由も言われたりしています。

しかし『トイストーリー』が制作されたアメリカでは、英語とスペイン語が2大言語と言われています。

そのためにスペイン語に目を向けたのだと思います。

ちなみにこのスペイン語モードのバズが登場したことによって、その後スペイン語モード搭載バズライトイヤーのおもちゃが発売されているほどです。

 

興味があれば、ぜひチェックしてみてください(*^^*)

 

 

スペイン語のセリフの意味と声優は誰

 

スペイン語モードのバズが、作品の中で話していたセリフの意味を載せてみました。

ここではDVDなどで字幕を付ければ日本語訳は見ることが出来るので、スペイン語のセリフも載せて行こうと思います。

Bitácora Espacial – Me he despertado de hiper-sueño en un planeta extraño. 
(スターコマンド日誌。私は奇妙な惑星の上でハイパースリープから目覚めた)

Estoy rodeado por criaturas extrañas y desconozco sus intenciónes. ¿¡Quién anda ahí? ¿Amigo? O enemigo? 
(そして私を未確認生物が取り囲んでいる。(ウーディー達に向けて)お前達は何者だ! 敵か? 味方か?)

 Me debo haber estrellado, y se me borró la memoria. 
(どうやら墜落の衝撃でハイパースリープが故障した。記憶回路に損傷が見られる)

¿Han visto a mi nave espacial? 
(誰か私の船を見なかったか?)

 Mi nave espacial? Encontraste? Excelente! 
(船はそっちにあるのか? 素晴らしい!)

¡Ven conmigo! ¡Te mostraré las maravillas de la galaxia, y juntos lucharemos contra el despiadado Zurg! 
(私と一緒に銀河を巡っていただけませんか? そして二人で悪の帝王ザーグと闘うのです!)

 

スペイン語モードの声優

このスペイン語モードのバズを担当した声優はハビエル・フェルナンデス・ペナという方だそうです。

画像引用元

スペインのオビエド出身の60歳(2020年現在)の声優さんです。

彼は声優でもありますが、スペイン国内でニュースキャスターをしているようです。

その動画がYou Tube上で投稿されていたので、こちらの記事で引用させていただきました!

 

 

他にどの様な作品に出演しているかは不明ですが、おそらくスペイン国内での映画の吹き替えなどを担当しているのではないでしょうか?

 

【トイストーリー3】バズのスペイン語の理由とセリフや声優についてまとめ

以上スペイン語モードに切り替わってしまったバズライトイヤーに関しての記事でした。

突然言葉がスペイン語になって、性格まで変わってしまうバズが面白いですね!

こんなお笑いネタがたくさんあるのが、トイストーリーの良いところです。

そしてスペイン語の声優はもっとオチャラケた(?)タイプの声優かと思っていましたが、実際は“かっちり”とした仕事をやっている方でした。

もっと様々な国の言語を操るバズライトイヤーを見てみたいと思いましたね(^^)

それでは今回の記事はここまで、最後までお読みいただきありがとうございました!