コナン紺青の拳タイトルの名前の由来と意味は?宝石のモデルも解説

2020年9月22日

こんにちは、当サイト管理人「イガイガ」です。

今回は名探偵コナンの映画作品『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』に関する記事を書きました。

この記事で書いてある内容は、“この映画のタイトル「紺青の拳」ってどういう意味があるの?”という事についてです。

確かにそのまんま読んだら、ほとんど意味がわからないですよね(^_^;)?

そこで映画タイトルに込められた意味など知って、より作品を楽しんでいただけたらと思います。

ぜひ最後まで読み進めてみてください!(^^)

 

コナン紺青の拳タイトルの名前の由来と意味は?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#劇場版 #名探偵コナン #紺青の拳

Erika(@_detective_4869)がシェアした投稿 –

 

ではさっそく、映画タイトルに込められた意味を解説していきましょう!

ちなみに本作のキャッチコピーは以下の通りです。

 

・「Never let you go… “もう決して、あなたを離しません──”」

・「真実VS奇術VS蹴撃 雌雄を決する三位一体(トリニティ)バトルミステリー」

 

後者の方は空手家「京極真」に関するエピソードなので何となく分かるのですが、前者のキャッチコピーは作品を見ていないとよく分かりませんよね?

今作のタイトルになっている『紺青の拳(フィスト)』の正体は海底から引き上げられた宝石の一種である「ブルーサファイア」のことを指します。

この紺青の拳は物語に登場する大富豪「ジョンハン・チェン」によって回収されていたのですが、この宝石を「怪盗キッド」が狙っているという設定です。

 

空手家「京極真」にかけたネーミング

 

今作のタイトルにもなっているキーアイテムの宝石の名前には“拳”という文字が使われています。

今作には空手家の「京極真」の活躍が描かれています。

そのまま宝石の名前は「ブルーサファイア」でも良かったところを、紺青の拳という名前になったのは影の主人公「京極真」の存在が大きいのでしょう。

つまり空手家の武器である拳にかけたネーミングで紺青の拳と名付けられたのです

今作では京極真のとんでもなく人間離れした強さが取り上げられます。

なので京極真の活躍をイメージさせるように今作のタイトルが名付けられたんでしょうね!

ちなみにキャッチコピーの1つである、真実VS奇術VS蹴撃 とは「コナンVSキッドVS京極 の三つ巴バトル」という様に置き換えることが出来ますね(^^)

 

 

宝石のモデル「ブルーサファイア」を解説

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ブルーサファイアのネックレス 透き通った美しいブルーサファイア シンプルな一粒ペンダントに仕上げました #ブルーサファイア #ペンダント #オーダージュエリー #久留米 #サンジュエリー http://sun-j.net

サンジュエリー(@sunjewelry_bland)がシェアした投稿 –

 

今作で登場する「紺青の拳」のブルーサファイアとはどんな宝石なのでしょうか?

この宝石について調べてみました。

特に価格相場や見た目の特徴、宝石の持つ意味などは宝石好きには必須の情報ではないでしょうか?

宝石を誰かに贈りたいという方も何かの足しにしてみてください。

 

ブルーサファイアの特徴と意味

 

 

ブルーサファイアはルビーと並ぶコランダムという種類の宝石です。

その硬さはダイアモンドの次に硬いと言われていて、青く透き通った独創的な輝きを見せます。

ブルーサファイアは乙女座の星座石と言われており、その意味には「誠実さの象徴」という宝石言葉が込められています。

この宝石を身につけると、持ち主に冷静さや慈愛を与えてくれるという効果があるそうです。

キリスト教に登場してくる“「聖母マリア」の青色”というようにも言われますね。

また知性を高め、仕事を効率的に生産性高く回していきたいという方にも効果的な宝石なんだそうですよ。

 

ブルーサファイアの価格

 

サファイアには全部で7色あると言われていますが、その中でも最高級に高価なものがブルーサファイアなんだそうです。

しかしその価格はピンからキリまであり、身につけるアイテムやその大きさによって変わるのは宝石のセオリーですね。

また加熱してあるか非加熱によっても値段が変わるそうで、非加熱のほうが値段が跳ね上がります!

 

ペンダント

例えばペンダントなんかはどうでしょうか?

安いものだと15000円で売られています。

 

 

指輪

 

 

こちらの指輪は35万円クラスですね。

ブルーサファイアの他にダイアモンドも散りばめられているようです。

ここまで行かなくとも、8万円台や4万円台という指輪もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像引用元:81,000円(税込)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像引用元:41,200円(税込)

 

世界最大のブルーサファイア

 

ちなみに世界最大サイズのブルーサファイアの情報もあり、その価格はなんと352億円なんだそうです!!!

 

 

7cmくらいのサイズで300億なんて、次元が違いすぎてイメージが湧きません(゜o゜;

 

コナン紺青の拳タイトルの名前の由来と宝石のモデルを解説まとめ

 

 

以上が映画『名探偵コナン 紺青の拳』のタイトルの意味と、その宝石の情報についてでした。

この作品は宝石もそうですが、シンガポールの綺麗な街並み・夜景といった多くの美しいものが登場してきます。

その美しさと、空手の大会という男臭さの絶妙なバランスがこの映画の不思議な魅力にもなっている気がします。

BGMで使用されていたピアノ曲なんかも素敵でしたね(*^^*)

まだ見たことが無い方は、ぜひ一度観てみてくださいね!

それでは今回の記事はここまでです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

「名探偵コナン 紺青の拳」で流れたピアノ曲にある意味はこちらから