魔女の宅急便の先輩魔女とその猫の名前は?原作とのセリフや性格の違いも

こんにちは、当サイト管理人の「イガイガ」です。

ジブリ映画の『魔女の宅急便』に登場してくる、“先輩魔女”のことをご存知ですか?

物語の冒頭で、主人公のキキが旅立った後に最初に出会う人物のことです。

この先輩魔女とその相方の猫の名前や、原作の『魔女の宅急便』の先輩魔女などについてこの記事で書かせていただきました。

映画を観て先輩魔女について少しでも詳しく知りたい思った方は、ぜひ最後までお読みください!(^^)

 

魔女の宅急便の先輩魔女とその猫の名前は?

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

. 先輩魔女💜 魔女の宅急便/Kiki’s Delivery Service 🔮 #kikisdeliveryservice #kiki #ghibli #studioghibli #ghiblistudio #ジブリ #スタジオジブリ #魔女の宅急便#先輩魔女

スタジオジブリ ファンページ(@ghibli.collection)がシェアした投稿 –

 

この先輩魔女の名前を早速調べてみたのですが、どうやら正式な名前はないらしくスタッフロールでも“先輩魔女”と書かれていました。

ちなみに原作の小説でも、この魔女は先輩魔女という名前でした。

しかし噂では、同じく原作に登場してくる「ケケ」という魔女がいるのですが、彼女の見た目が先輩魔女に似ていることからケケがモデルになっているのではと言われています。

これについては、ケケが登場してくる第3巻がジブリのアニメ映画の公開から後に発売されたため、“ケケがモデル説”は否定されますね。

そして相棒の黒猫についてですが、この猫もアニメ映画だと名前は語られていません。

まぁ主人の名前が無くて、猫の名前が付いているのはおかしいですからね(^_^;)

ちなみに原作版の『魔女の宅急便』では、この猫は「ププ」と呼ばれています。

 

影の人気キャラクター“先輩魔女”

 

実はこの先輩魔女、魔女の宅急便の中でも「影の人気者」というポジションなんです。

初めはツンとして、上から物を言ってくる嫌味な先輩という印象が強かったように思えますし、他の視聴者さんも同じ様に思う方が多かったようです。

しかし初めて出会った後輩魔女のキキに対して、新しい土地で修行をしていくに当たっての注意ポイントを教えてくれます。

その言動・セリフから「実は優しい」とか、「後輩の面倒見が良さそう」という好印象に変わっている方が多いんです。

 

 

 

 

 

声優は「小林優子」

 

先輩魔女の声優は「小林優子」さんが担当していました。

 

 

『天地無用!』の白眉鷲羽(はくび・わしゅう)

『魔法騎士レイアース』の鳳凰寺空(ほうおうじ・ふう)

『ポケットモンスター』のオーキド・シゲルなどを担当していました。

他にも『魔法の天使クリィミーマミ』の堺久美子、『魔法少女プリティサミー』の鷲羽・フィッツジェラルド・小林など数々の“魔法使い”に挑戦していたんですね(^^)

 

 

 

 

先輩魔女の原作とのセリフや性格の違いも

 

 

実は先輩魔女のキャラ設定は、原作とジブリ映画とではかなり違いがあります

設定も違いますし、当然性格も違うのですからセリフも言わないような事を言います。

これが原作版の先輩魔女です。

 

 

全然見た目違いますね(笑)

ここではそんな先輩魔女のジブリ映画版と原作版との違いを紹介します。

 

先輩魔女は原作だと飛ぶのが苦手!?

 

原作版の先輩魔女は、実は空を飛ぶのが苦手なんです。

なかなか衝撃的ではないですか?(゜o゜;

あんなにジブリ映画の方だと澄ました顔をして飛んでいましたが、原作ではやっとこお客さんの依頼がこなせるレベルなんだとか。

「飛ばないと魔女だとわからないので」

というセリフを発してしまうほど。

彼女が住む街では、とりあえず仕事を回してもらっている程度だとか。

そして性格面ではジブリの方では“自身に満ち溢れた性格”の先輩魔女ですが、原作の方では“ドジな性格”なんだそうです。

完全にエリート社員と窓際族の立場くらいに差があります(笑)

ちなみに原作の方では動物の気持ちがわかるという特技もあるそうです。

ジブリ映画の方では占いができるという特技でしたね。

しかしジブリの先輩魔女も実は優しい性格ということも言われています。

それについては、次の『先輩魔女の代表的なセリフ集』から分かったりするんですよ(^^)

 

先輩魔女の名言・セリフ

 

先輩魔女のジブリと原作でのセリフの違いを見ていきましょう。

 

キキを見つけた瞬間

ジブリ版:「あら、あなた新人?」

原作版:「まあ、なつかしいこと、おなかまに会えるなんて」 

 

セリフだけで見たら、そこまで性格や設定の差は感じないセリフだと思いました。

強いて言えばジブリ版の方が、いきなり“新人”呼ばわりする所から相手を格下に見ている感はあると思いました。

 

キキのラジオが聞こえて

「ラジオ消してくださる?」

 

キキのラジオが気になって出たセリフです。

少しの申しわけ無さも感じさせないのは流石ですね(^_^;)

 

1年の修業を終えて

 

ジブリ版の先輩魔女は「いろいろあったわ」となかなか大変だった修行の期間を振り返ります。

それが本当のことか、盛っていることなのかは分かりませんが。

そして「故郷へ胸を張って帰れるわ」「あなたも頑張ってね!」

と最後にはキキに対してエールを贈るのです。

このセリフが実は多くの「先輩魔女ファン」を生み出すことになるのです!

ツンツンした嫌味な奴から、本当は相手を思いやる優しい性格なのではと言われるようになったのです。

 

 

キキに対するアドバイス

ジブリ版:「自身の技術でやっていくこと」を示唆

原作版:「笑顔の有効性」を示唆

 

ジブリ版の方が「他人に甘えずに、自分の力で頑張ることが大切」という様に聞こえます。

なんだか職人気質で、あまり人と群れることを好まない性格でしょうか?

反対に原作版は「他人と上手くやっていくことの重要性」を説いているように思えます。

つまりジブリ版とは真逆で、独りではなくいろいろな人から応援されるようになる事を理想としている感じですね!

どちらのキャラクター像も素敵に思えます。

ですがジブリ版の最後に少しだけ見せる優しさが、何かのフラグが立っているように思えてしまいます。

後付けでもいいです。

キキと先輩魔女が協力して事件を解決する。

そんなお話が見てみたくなりましたね(*^^*)

 

魔女の宅急便の先輩魔女の名前と原作とのセリフや性格の違いまとめ

 

 

『魔女の宅急便』に登場してくる先輩魔女についての記事でした。

実は隠れ人気キャラであり、彼女のファンは多いんだと思います。

そんな彼女ですが、ちゃんとした正式名称がないという事実には少し驚きと寂しさを感じました。

でも名前を明かさずにその存在感を大きくしているのは、彼女のセリフ「自身の技術でやっていくこと」を体現しているように思えますね。

勝手な想像ですがいつかジブリ側から、この先輩魔女の名前が明かされることがあったら嬉しいですね(*^^*)

それでは今回の記事はここまでとなります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ジブリ, 映画

Posted by igaiga