映画「12人の死にたい子供たち」内容は怖い?ネタバレなしの口コミ感想まとめ

こんにちは、当サイト管理人「イガイガ」です!

今回の記事は映画ネタで、『12人の死にたい子供たち』の内容がについてです。

この映画を僕は今まで見たことがなかったのですがつい最近やっとこ見たのです。

一見するとホラー映画のような予告とタイトルのこの映画、しかし実際の中身は怖いのかどうなのか?

この映画をまだ見たことがないという方のために、この作品の内容が怖いのかをネタバレ無しで紹介したいと思います。

これからこの作品を観ようという方は是非参考にしてください(^^)

 

映画「12人の死にたい子供たち」内容は怖い?

 

 

ではさっそく、映画「12人の死にたい子供たち」の内容が怖いのか?について明かしていきましょう。

まず映画の怖い怖くないという事には、個人差があるということを頭に入れておいてください。

人によっては全く怖くないことが、またある人にとっては怖いという尺度の差はあると思います。

そういったところを加味してご覧ください。

まずなぜこの映画が怖そうに思えるのでしょうか?

 

予告やタイトルが怖そう

 

そうなんです、冒頭にも触れましたがまず映画のタイトルがけっこう怖そうな感じです。

 

 

そして上記引用させて頂いたTwitterの投稿にも書いてありますが、公開前のあらすじもなかなか怖そうな内容でした。

 

廃病院に集まった12人の未成年。

そこには生あたたかい13人目の死体―― 自殺!?他殺!?

死にたい12人の中にいるのは… リアルタイム型・密室ゲームスタート

映画「十二人の死にたい子どもたち」 2019年1月25日(金)公開

 

そして予告映像がこちら。

 

 

はいもう完全にホラー映画です(笑)

雰囲気的には深作欣二監督『バトルロワイヤル』三池崇史監督『悪の教典』に近い印象でした。

 

 

 

そしてストーリー展開は大ヒットホラー映画『SAW』のようななのかなと想像しました(^_^;)

 

 

内容は推理モノ!ホラー要素はなく怖くない

 

しかし実は『12人の死にたい子供たち』の内容はそんなに恐くはありません。

これは先程触れたように、人によって怖さの感度はちがうので敢えて❝そんなに❞と表現しました。

全体的な内容は❝謎の13人目(0番)の参加者がどうして死んだまま運び込まれたのか?❞という謎を解明していく話です。

ですから多少の緊張感やドキドキ感はあるものの、先程あげた映画のように残忍なシーンやグロテスクなシーンは一切ありません。

怖い映画が苦手な方でも安心して見れる内容ですよ(^o^)

ちなみに個人的にはラストの方ではなかなか感動する場面もあったりするので、むしろホラー映画だと思って見ようという方には的外れになる可能性すらありますね!

 

 

映画「12人の死にたい子供たち」ネタバレなしの口コミ感想

 

 

それでは実際に映画『12人の死にたい子供たち』を見に行った方達の、感想を載せたTwitter記事を引用させていただきました。

もちろんネタバレなしの投稿のみを掲載させていただいていますので、ネタバレされたくないという方でもご安心ください。

 

 

 

 

 

はい、この様に面白いから見て欲しいとおすすめする投稿がかなり多かったです!

もちろんお口に合わずに低評価な意見もありましたが、やはり怖いもの見たさでこの作品を見ると肩透かしを食らっちゃうのでしょうか?

中にはエンディングで感動し、泣いてしまったという意見も多く見られました!

その他に映画館で一度見たけど、テレビの放送でまた見たいという意見も。

ちなみに1月31日(2020年)の金曜ロードショーで、『12人の死にたい子供たち』は地上波初放送です!

 

 

以前見た方ももう一度見てみるのもいいですね(^o^)

 

映画「12人の死にたい子供たち」は怖いのか?口コミなしの感想まとめ

 

 

この様に映画『12人の死にたい子供たち』にはホラー要素はほとんど無く、推理モノの映画として楽しむことをおすすめします。

今作品では現代の若者が抱える悩みなんかも出てきますので10~20代の方はもちろん、親御さんの方々にも見て学びのある映画だと思いました。

多少の緊張感やハラハラなど少しのサスペンス要素はありますが、続きが気になって作品に没頭してしまうことでしょうね(*^^*)

そういったところを楽しんでいただけたらなと思います!

それでは今回の記事はここまでです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画

Posted by igaiga