仮面ライダーリュウガの正体は何者?アナザーリュウガとデザインの違いなど画像まとめ

2019年4月14日

こんにちは、特撮大好きパパのイガイガです。

2019年に入って『仮面ライダーウォズ未来編』に突入していたため、過去のレジェンドライダーがしばらくお休みでしたが、第21話からついに仮面ライダー龍騎編に突入しましたね!

かと思ったら・・・ここに出てきたアナザーライダーが、僕の見たことがある仮面ライダー龍騎とは違います。

僕はリアルタイムでは仮面ライダー龍騎は見ていなかったのですが、どうやら調べてみたら今回のアナザーライダーは龍騎とは別物のライダーらしいのです。

しかもこのアナザーライダーがカッコいい!

とTwitterなどで評判です。

そこで今回の記事ではこのアナザーライダーの元になっている仮面ライダーの正体と、このアナザーライダーと仮面ライダー龍騎とで何が違うのかを見ていきたいと思います。

 

 

ジオウ21話に登場したアナザーリュウガの正体は黒い仮面ライダー龍騎

さて今回の仮面ライダージオウ第21話から登場してきたアナザーライダーですが、その正体は仮面ライダー龍騎に登場した『仮面ライダーリュウガ』といいます。

仮面ライダーリュウガは龍騎と同じく鏡の世界ミラーワールドと現実世界を、自由に行ったり来たり出来るライダーです。

 

仮面ライダーリュウガと龍騎の違いは?

 

仮面ライダー龍騎に変身する主人公城戸真司』、彼の映し出したミラーワールド内の裏の城戸真司が変身した黒い仮面ライダー龍騎が仮面ライダーリュウガだそうです。

デザインも細部が龍騎とは少し違っており、全体的なカラーが黒であり目元が釣り上がっていたりと敵役なだけあって、全体的に禍々しい雰囲気を醸し出しています。

本来はミラーワールドの中で活動できる時間には制限があるのですが、このリュウガはミラーワールドの住人なので鏡の中では活動し放題で、反対に現実世界では活動制限があるようです。

劇場版『仮面ライダー龍騎EPISODE FINAL』TVスペシャル『仮面ライダー龍騎 13RIDERS』に登場しました。

龍騎の敵として立ちはだかりましたが、龍騎との一騎打ちに破れ消滅したとなっています。

 

仮面ライダーリュウガの強さはどれ程なのか?

 

仮面ライダーリュウガの強さはどのくらいかというと、能力的には主役の龍騎をすべて上回っており龍騎とナイトはリュウガに倒されています。

これだけでも仮面ライダーリュウガの力がどれ程かが分かりますね?

さらに仮面ライダー龍騎の世界の中で最狂と言われている仮面ライダー王蛇仮面ライダーファムを葬っています。

仮面ライダー王蛇は龍騎の世界の中でかなりの強さを誇ると言われています。

その王蛇を倒しているということで、仮面ライダー龍騎の世界の中では実質的な最強の仮面ライダーなのではないでしょうか?

それほど仮面ライダーリュウガは強さ、そしてインパクトを残した仮面ライダーということなんでしょう。

だからこその仮面ライダージオウでの再登場ということなんですね!

仮面ライダージオウにアナザーリュウガが出現した経緯

今回のアナザーリュウガはミラーワールド内の(裏)城戸真司が「鏡の中から出るためにタイムジャッカー・ウールと契約したアナザーライダー」ということです。

ちなみに今までのアナザーライダーの様に、タイムジャッカーがアナザーリュウガになるためのライドウォッチを持っているわけではない様です

どうやって(裏)城戸真司はアナザーリュウガに変身したんでしょうね?

2019年の3月末にはオリジナルスピンオフドラマ「RIDER TIME 龍騎」がネット配信される予定で、仮面ライダージオウの世界にミラーワールドが現れ仮面ライダー龍騎とその他のライダーが復活するという話。

ジオウやゲイツもこのスピンオフに登場する予定で、仮面ライダーリュウガ(アナザーリュウガも)も本作に出てくるかもしれませんね

アナザーリュウガのウォッチや、龍騎ウォッチのソウゴへの継承などがこの作品で描かれるかもしれませんね。

楽しみにしましょう!

 

 

アナザーリュウガをどうやって倒すのか?

今回のジオウ21話ではかなりの強さを発揮しているアナザーリュウガ。

白ウォズもけっこうやられており、苦戦していました。

今までの余裕が嘘のようです(笑)

本来ですと今まではアナザーライダーはレジェンドライダーから受け継いだライドウォッチを使用してジオウが倒すというパターンでした。

しかし今回は城戸真司がライドウォッチを持っている様子を見せません

ただただ鏡に映る自分から逃げ回るばかりです(笑)

最初はジオウが龍騎アーマーにアーマーチェンジしてアナザーリュウガを倒すのかと思いましたが、次回22話では仮面ライダージオウⅡがいよいよ登場してきます。

ジオウⅡの強さがフォーカスされそうなので、龍騎アーマーには変身しなそうですね。

一応龍騎ライドウォッチはメーカーさんから発表はされているので、今後作品の中には登場してきそうですがいつ頃登場するかはまだ現時点では分かりませんね。

アナザーリュウガのかっこいい画像集

 

「アナザーリュウガがカッコいい!」という声が、仮面ライダーファンの中で広がっています。

仮面ライダージオウのマニアックな楽しみ方だと思うのですが、過去の主役ライダーとアナザーライダーのビジュアルの変化を楽しむというのがあると思います。

正義の味方が悪役になる事でギャップが大きくあり、そしてまたビジュアルでも大きくイメージチェンジをする。

アナザーリュウガもその1つで、割とシンプルな形の仮面ライダーリュウガが、野性味あふれるデザインへと変貌しています。

 

 

 

アナザーリュウガは仮面ライダーリュウガサバイブがモデル!?

アナザーリュウガがある姿に似ているという声もネット上にあがっています。

それはズバリ仮面ライダーリュウガ最終形態、仮面ライダーリュウガサバイブです!

知らない方のために・・・。

仮面ライダーリュウガサバイブとは、『月刊ホビージャパン』で連載中のHEROSAGA(ヒーローサガ)の中に初登場した仮面ライダーリュウガの最後の姿です。

ちなみにHEROSAGAとは、仮面ライダーシリーズの番外編的なストーリーを描いた小説作品です。

仮面ライダージオウ第21話で出てきたアナザーリュウガは、この仮面ライダーリュウガサバイブによく似たデザインという声がネット上にあります。

 

 

この仮面ライダーリュウガサバイブは仮面ライダーディケイドの世界でも出てきています。

21話でタイムジャッカーウールが「門矢士から鏡の中の世界のことを聞いた」という発言があったことも明かしています。

もしかしたら、その時の世界観をジオウの世界にも継承しているのかもしれません。

このリュウガサバイブのデザインが最高にカッコいいですね!

肩周りの刃のように伸びたフレームや、同じ様に上方向に伸びた頭部の形も禍々しさが最高ですね!

これら画像を見てみると、確かにアナザーリュウガはノーマルリュウガよりもリュウガサバイブのほうが似ていると思えてきます。

ノーマルリュウガは割とスッキリとしたシルエットでしたが、リュウガサバイブは肩周りやヘッドが伸びたより攻撃的なシルエットに見えます。

まさにアナザーリュウガのようなシルエットですね!

ちなみにこんな意見もTwitterにありました。

 

これは仮面ライダーではないですが、確かに似てますね。

写真は『牙狼ーGAROー~闇を照らす者~』に出てくる黒い牙狼です。

もしかしたらデザインのモチーフにしているかもしれませんね!

この記事のまとめ

  • 仮面ライダージオウ21話は仮面ライダー龍騎ではなく、仮面ライダーリュウガ編だった
  • 仮面ライダーリュウガは龍騎の敵として戦ったダークライダー
  • デザイン面が龍騎とは違い、目がつり上がっているなどダークなもの
  • 仮面ライダージオウのスピンオフドラマ「RIDER TIME 龍騎」が放映され、ここでアナザーリュウガと仮面ライダー龍騎の秘密がわかるかも
  • アナザーリュウガのデザインは仮面ライダーリュウガの最終形態に割と似ている
  • ネット上で密かにアナザーリュウガの姿がカッコいいと言われている

というようにアナザーリュウガを見て、オリジナルの仮面ライダーリュウガのことを調べてみました。

てっきり仮面ライダー龍騎編では龍騎がアナザー化すると思っていましたから、今回のリュウガ編というのは驚きでしたね。

この後、仮面ライダージオウⅡも現れることですし、今後が非常に楽しみな展開ですね。

それでは今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!