ルパパト44話でノエルと悟の正体が判明!なぜ裏切ったか理由ネタバレ

2019年1月27日

こんにちは!

 

毎週日曜日の朝に子供とヒーローの世界に現実逃避をしているイガイガです。

 

ルパパト第43~44話を皆さんは見ましたでしょうか?

 

こんなにパトレンXこと、高野ノエルにまつわる回で切なかった話はないですね。

 

ハッキリ言って子供よりも話の続きが気になってしまっていました。

 

早く来週の日曜日が来るのが待ち遠しかったのですが、やっとこその続きである第44話を見ることが出来ました!

高野ノエルがなぜ仲間たちに距離を空けて行動していたのか?

 

そして高野ノエルの正体というのがついに判明したのがこの第44話でした。

 

これでルパパトの大きな謎の1つであった、高野ノエルの正体が明かされることになるのです。

 

しかしそんなルパパトの大きなスッキリポイントを見逃した!!

 

という方のために、第44話の振り返りと高野ノエルの正体を見ていきましょう。

 

 

前回の第43話までのあらすじ

 

ギャングラーのトカゲイル・ナクシャークを追い詰めたルパンレンジャー3人衆は、トカゲイルの金庫を開けるが、中は空っぽでルパンコレクションを手に入れられなかった。

 

一方、国際警察のパトレンジャー達の前に元パトレン2号の東雲悟が現れる。

 

彼は国際警察日本支部にスパイが紛れ混んでいて、ギャングラーに国際警察の情報が漏れているというのだ。

 

そこで日本に帰国してそのスパイを見つけるのが目的なのだが、そのスパイがなんと高野ノエル(パトレンX&ルパンX)だというのだ。

 

圭一郎(パトレン1号)達はノエルのことを信じたいが、その後の悟の調査により機密情報にノエルの不正ログインの痕跡が発見されてしまう。

 

疑心暗鬼なパトレンジャー達は悟ると共に、ギャングラーのトカゲイルとノエルが密会している場面を突き止めることになってしまう。

 

ノエルはその場から逃げるために、圭一郎達に発泡しパトレンジャー達は呆然とする。

 

一方のルパンレンジャーたちは逃げたトカゲイルを追いつめて交戦中、ギャングラー幹部・ゴージュからノエルは人間ではないということを聞かされこちらも錯乱状態に。

 

ラストシーンでノエルの前にもう一度現れる圭一郎だったが、ノエルは何も言わずに圭一郎の前を立ち去るのだった・・・。

 

第44話のあらすじ

 

1人逃げていたノエルはルパンレンジャーと遭遇し、自分の正体を話し始める。

 

ノエルの先祖はこの世界とは別の異世界で暮らしていた種族

 

しかし1000年前そこでノエルの先祖はギャングラーの襲撃に会い、この世界に逃げてきたのだという。

 

その末裔がノエルであり、その他ルパン家に仕えていた者たちもその血筋を引いているそうだ。

 

ルパンレンジャーを支援するルパン家に仕えてきたコグレも同じく、人間ではなくその異世界にいた種族の血筋ということになる。

 

一方、パトレンジャーたちはノエルの捜査を進めるうちに様々な矛盾に気づく。

 

スパイ情報の発信源が日本ではなく、フランス支部から。

 

そして普段の悟が聴いていた音楽プレーヤーに、圭一郎が耳を当てると何も音楽が入っていなかったなど悟に疑惑が。

 

それらのことから、パトレンジャーが悟を問い詰めると悟は変身したギャングラー・ナリズマだったことが判明。

 

その際に本物の悟がどこか聞くと、悟はもう生きてはいないというナリズマの答えに怒りが爆発するパトレンジャー。

 

その勢いでギャングラー・ナリズマを撃退するのだった。

 

 

パトレンX(ルパンX)高尾ノエルのプロフィール

 

こんな感じの切ない展開で終わった第43話で、見ていて熱くなると言うよりかはただただ残念な気持ちになってしまう回でした。

 

今回のお話は、戦隊ヒーロー物というより海外ドラマを見ている様な心境になってしまいました(汗)

 

ハラハラするし次の展開が気になるし、先が読めないしでプリズンブレイクを見ているかのような面白さでした。

 

さてそんな現在逃亡中のパトレンX(ルパンX)こと高野ノエルですが、彼のプロフィールザックリまとめるとこんな感じ。

 

所属:国際警察フランス支部所属

年齢:26歳

血液型:B型

好物:エスカルゴ

目的:ルパンコレクションの奪還 ※怪盗を捕らえることが目的ではないため、ルパンレンジャーとも共闘する

 

本人はコグレと同じくルパン家に仕える身分の者だそうで、ルパンXにも変身できるのだそうです。

 

身体機能はかなり高く、アクロバティックな身のこなしで第43話でも悟の発泡からクルクル回って逃げていました。

 

 

 

高尾ノエルはなぜパトレンジャー裏切ったのかその理由

 

そしてついに、第44話「見つけた真実」で高野ノエルがなぜ圭一郎達に嘘をつき、銃を向けるまでしたのかの理由が明らかになったのでした。

 

これはハッキリ言ってギャングラーからハメられたとしか言いようがありませんね。

 

前回のノエルが真夜中にパソコンを使っていた理由は、フランス支部からギャングラーに情報が漏れていたことの足取りを探るためだったみたいですね。

 

しかしギャングラーに嗅ぎつけられたのか、ノエルは東雲悟の姿に化けていたギャングラー・ナリズマにハメられたのでした。

 

相手の動きを操るギャングラー・ナリズマの持つルパンコレクションの能力によって、前回の放送でノエルは圭一郎たちに発泡してしまったようです。

 

一瞬でその能力を見抜いたノエルは、このまま言い訳しても信用してもらえないとそのまま逃走してしまったのです。

 

そしてすべてはギャングラー・ナリズマの仕組んだ展開で、第43話でギャングラー・トカゲイルにルパンコレクションを渡したのも、そのまま手紙を渡したのも奴の仕業だったのですヽ(`Д´)ノ

 

高尾ノエルがルパンコレクションを集める真の目的

 

高尾ノエルの先祖がルパンコレクションを開発したことは語られていました。

 

高野ノエルは幼少期に親もいない独り身だったところを、アルセーヌ・ルパンに拾われたのでした。

 

ノエルはその時にルパンコレクションの使い方や改造方法などをアルセーヌから学んだのでした。

 

しかしそんなある日、ギャングラーの襲撃によってアルセーヌは命を落としてしまうのです。

 

育ての親を殺されたノエルは、何が何でもルパンコレクションを揃えてアルセーヌの命を取り戻すことそれがルパンコレクションを集める目的だったのです。

 

ノエルも魁利たちと同じく、『大切な人を取り戻すため』にルパンコレクションを集めていたのですね(T_T)

 

『人間ではない』ノエルの正体と今後の展開を考察

 

一応ノエルの正体的なものは発表はされましたが、非常に抽象的な表現でしかされませんでした。

 

もっとこう、さらに変身した異型のノエルが見れると期待していたのですが、さすがにそこまでの展開にはならなかったですね(^_^;)

 

その異世界の存在・人間ではないというノエルのハッキリした正体が見れることに期待したいですね。

 

東雲悟は本当に死んでいるのだろうか?

 

2話に渡って登場した元パトレン2号の東雲悟は本当に殉職してしまったのでしょうか?

 

せっかく登場した国際警察の元日本支部メンバーですし、個人的にはもうちょっと悟のキャラクターを大事にして欲しいなと思ったのですが。

 

それにあれだけ人に嘘を付くことで戦っていたギャングラー・ナリズマの言っていた言葉です、もしかしたら悟るの死という嘘でパトレンジャーに揺さぶりをかけたかったのかもしれません。

 

ということで今後、東雲悟はまた登場する可能性もあるかと思います。

 

パトレンジャーたちの最終パワーアップはあるのか?

 

パワーアップといえば、ルパンレンジャー達はルパンマグナムを見つけ出したことによって大きくパワーアップしました!

 

そのライバルであるパトレンジャーがパワーアップしないというのは、物語の盛り上がり具合、そしてルパンレンジャーとのパワーバランスが保てないような気がしてしまいます。

 

そのパワーアップアイテム?パワーアップする技?を死んだと思っていた悟がパトレンジャーに届けるという展開があったら面白いかもしれませんね。

 

ということから、この終盤でもう一皮むけてくれるパトレンジャーを期待したいですね!

 

<高尾ノエルの正体と裏切り行為の理由まとめ>

  • 高野ノエルの正体は異世界の存在の末裔
  • 高野ノエルの真の目的はアルセーヌ・ルパンを取り戻す(生き返らせる)こと
  • 今後の展開で高野ノエルの真の姿や、東雲悟の復活パターンはあるのかなどに期待

 

何はともあれ、ノエルがもう一度ルパパトメンバーから信頼されたのは良かったですね。

 

前回のラストシーンの雨なんか本当に切なかったですので、またあの飄々(ひょうひょう)としたノエル節が見れることを期待しましょう(笑)

 

それでは今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!