諸星すみれの趣味は何?いつから声優で歌もうまい理由とは?

2021年1月8日

この記事では、声優「諸星すみれ」さんの趣味は何なのか?

という事について書いてあります。

諸星すみれさんといえば、最近ではアニメ『約束のネバーランド』の主人公エマを好演しています。

そんな彼女は声優としての素晴らしさだけでなく、その歌唱力や女優としての経歴もありとマルチな才能があります。

なので彼女の趣味だけでなく、声優になった経緯歌唱力の高さの理由などについて深堀りしていきます。

この記事で彼女の素晴らしすぎるセンスを見ていってください(*^^*)

 

諸星すみれの趣味は何?

諸星すみれさんは声優でありながら、抜群の歌唱力とさらに子役からの出身ということで演技の仕事もやってきました。

そんな天才肌な彼女ですが、普段の趣味は何なのでしょうか?

気になったので調べてみました。

趣味は歌を歌うこと

まずはネット上で諸星すみれさんの趣味について調べてみることに。

すると目立った趣味などは彼女のTwitterや所属事務所のHPなどには載ってはいなかったのです。

が、しかしひとつ目に止まったのは「歌が特技」というもの。

そしてとある彼女のインタビュー記事を読んでみるとこの様な発言が。

小さい頃から歌うことが好きで、よく家族でカラオケにも行っていました。

家でクリスマスパーティーなどをやった時は、家族の前でミニモニを謳っていた

これはもう趣味がそのまま仕事になっている典型例ではないでしょうか?

やはりイチローを始めとする一流アスリートと同じなんですね。

どんなジャンルでも子供の頃から情熱を注ぎ熱中して取り組んできた人物というのが、“天才”という人間に昇華されていくのだと思えました。

 

諸星すみれさんの特徴と言ったら、やはりその可愛い声にあると思います。

その声で演じてきたキャラクターといえば、アイドルやプリンセスから幼い少女に至るまで多彩です

さらに諸星すみれさんはその歌唱力も素晴らしく、歌手のアニメキャラクターとして歌うこともあればご自身が歌手として楽曲を発表することもあります。

ここでは諸星すみれさんの演じてきた代表的なアニメキャラクターから、その美しい歌声についても深堀りしましょう!

諸星すみれの代表作

アナと雪の女王 アナ(幼少期)

諸星すみれさんの代表キャラとしてまず有名になったのが、ディズニー作品『アナと雪の女王』での幼少期の頃のアナを演じています。

可愛い声で姉のエルサと遊んでいるシーンが印象的でしたね。

諸星すみれさんはこの幼少期のアナが歌っている楽曲『雪だるまつくろう』でも、実際に歌を歌っているんですね!

アイカツ 星宮いちご

2012年にアイドルとして活躍していく女の子達をテーマにしたアニメ『アイカツ』星宮いちごを演じています。

このキャラの声はアイドル目指す女の子だけあって、めっちゃ可愛い声をしています。

シュガー・ラッシュ ヴァネロペ

2013年公開のピクサー映画『シュガー・ラッシュ』でヒロインにあたるヴァネロペを演じています。

幼いキャラのピクサーキャラとしては、実はアナよりも先にこちらのヴァネロペを演じていたんですね!

アナの幼少期よりも気が強いヴァネロペの声ということで、また違った雰囲気の声に思えますね。

ハイキュー!! 谷地仁花

青春スポーツ漫画を原作としたアニメ『ハイキュー!!』で女子高生役の谷地仁花を演じました。

コミカルで賑やかな女子高生役を演じていて、個人的にも大好きなキャラクターです!

この谷地仁花がいてくれたこともあって『ハイキュー!!』が好きになったと言っても過言ではありません(笑)

初めて彼女の声を聞いたときに、他の作品のキャラをイメージすることは全然出来ませんでした!

約束のネバーランド エマ

大人気作品となったジャンプ漫画で、アニメ化もされた『約束のネバーランド』の主人公エマの声も諸星すみれさんの代表作です。

エマはどんな逆境に陥っても前向きに物事を捉え、挫けることなく立ち向かっていく勇ましい女の子を演じています。

この『約ネバ』で可愛いだけでなくカッコいい女の子エマを、諸星すみれさんが迫真の演技でアフレコしています!

 

 

「諸星すみれ」はいつから声優で歌もうまい理由とは?

諸星すみれさんは今や声優として第一線で活躍されていますが、から声優だったわけではありません。

彼女は実は子役として芸能界入りしているのです

そのキャリアは2000年代前半スタートで、今から遡ること既に15年以上前のことですね。

子役時代の演技について

諸星すみれさんが子役としてデビューしたのは、2004年5月に放送されたテレビドラマ『愛の劇場ほーむめーかー』でした。

その後同年の8月に放送された連続テレビ小説『天花』というビッグタイトルに出演しました。

その後、2011年~2017年までTBSで年イチペースで放送されていた『居酒屋もへじ』シリーズにも出演されていました。

声優への転向

そんな諸星すみれさんが声優として活動をスタートさせるのが、2006年の当時7歳のときだそうです。

出演作品は『RED GARDEN』で、このときに共演した「子安武人」さんにも“声の色で場の空気を変えてしまう”と絶賛されたそうです

既に大物俳優さんから注目されるほどの才能を持っていたということですね!

そんな諸星すみれさん、は3歳の頃から声優に憧れていたそうです

そのときに見ていたジブリ作品『千と千尋の神隠し』が大好きで、「湯婆婆(ゆばあば)になりたい!」と現在の事務所『劇団ひまわり』に所属したそうです。

しかし子役として役者デビューのほうが先だったために路線変更したと思われてしまう経歴ですが、本人は元から声優第一希望だったんですね!

その後2009年には鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMISTニーナ・タッカー役で出演しており、その際に周りのスタッフから「演技が巧みである」と高評価だったとか。

歌唱力について

諸星すみれさんといえば、声優としてだけでなく歌手としても素晴らしい歌唱力を誇っています。

その歌唱力を買われてか、諸星すみれさんはアニメの中でも歌を歌うキャラクターを多く演じてきています。

先程も紹介しましたが、例えば『アナと雪の女王』の幼少期のアナであったり、『アイカツ』の星宮いちごなどで実際に諸星すみれさん自身が歌を歌っています

そしてアニメ以外でも諸星すみれさんは抜群の歌唱力を誇っているのです!

2019年にはミニアルバム『smile』を発売しています。

いくつか収録されている楽曲の中から「真っ白」を載させていただきます。

さらに2020年にはシングル『つむじ風』を発売しています。

どちらも素晴らしい歌唱力ですね!

今後もこの歌唱力を生かして、名曲となるアニソンなどを世に残していきそうですね!(*^^*)

 

諸星すみれの趣味と歌がうまい理由まとめ

諸星すみれさんという声優は多種多様な声色を使い分けることが出来て、様々なキャラクターを演じれる天才肌ということが分かりました。

しかしそんな素晴らしい才能の原石というのは、彼女の幼少期からの趣味である“歌を謳う”ということだったのですね!

この記事の要点をまとめると以下の通りです。

  • 諸星すみれは子供の頃から“歌を謳うこと”が趣味だった
  • 元々は子役として女優デビューしていたが、3歳からの夢であった声優に転向する
  • 歌唱力も抜群で、キャラソンだけでなく自身のCDも発売している

才能あふれる諸星すみれさんがこの先どんな作品に出演し、どんなキャラを演じるのかが楽しみですね(*^^*)

そして彼女の今まで演じてきたキャラの声を、聴き比べするのも楽しいかも知れませんね!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!