ボディコンバット83の楽曲リスト!歌手やCDの情報なども

こんにちは、当サイト管理人の「イガイガ」です。(^_^)

この記事では、格闘技エクササイズ『ボディコンバット83番』の楽曲情報を提供しています。

どんな音楽が使用されていて、アーティストはどんな方なのか?

どんなCDに収録されているのか?

といったことを知ることができます。

どうぞすべての曲をチェックしてみてください!

 

ボディコンバット83の楽曲リスト!

 

 

 

ボディコンバットといえば、素晴らしくエキサイティングな音楽が魅力の1つですよね(*^_^*)

僕もそんなカッコいい音楽に魅了された内の1人です!

そして今回の「ボディコンバット83番」でも、それは健在です。

どんな楽曲が使用されているのか、ボーナストラックを含めて11曲発表されたものを見ていきましょう。

ちなみに今回もダイジェスト映像がすでに公開されています。

まだの方は、そちらを先ずはチェックしてみてください。

 

 

ボディコンバット83のソングリスト一覧

 

1-a ウォームアップ(上半身):「Awa Ni」/ The Knocks & Kah Lo

1-b ウォームアップ(下半身):「Alive」/ R3HAB vs Vini Vici feat. Pangea & Dego

2 コンバット1:「Pica」/ Deorro, Henry Fong & Elvis Crespo

3 パワートレーニング1:「Unreal」/ T & Sugah feat. Ayve

4 コンバット2:「Y.A.L.A.」/ M.I.A.

5 パワートレーニング2:「Fuji Opener」/ Skrillex feat. Alvin Risk

6 コンバット3:「Gopher Mambo」/ Leandro Da Silva

7 ムエタイ:「Victorious」/ 7kingZ

8 パワートレーニング3:「Real (Drum & Bass Mix)」/ Crissy Criss & WiDE AWAKE

9 コンディショニング:「Burning」/ Chase & Status feat. Cocoa Tea

10 クールダウン:「Alright」/ Mike Yung

11 パワートレーニング2(ボーナス):「All For You」/ Wilkinson & Karen  Harding

 

ボディコンバット83楽曲の歌手やCDの情報なども

 

 

ここからはボディコンバット83番の曲の特徴を含め、歌手の情報や収録されているCDについても紹介していきましょう。

お気に入りの曲はスマホに入れて、移動時間などに聞いてみてください(^_^)

 

1-a「Awa Ni」/ The Knocks & Kah Lo

 

 

上半身ウォームアップは乗っけから全開ではなく、徐々にエンジンを温めていくような印象の音楽でした。

この曲のメインアーティストは「The knocks(ザ・ノックス)」といいます。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

did u get a card in the mail? Happy holidays from ur boys

The Knocks(@the_knocks)がシェアした投稿 –

 

The knocksはアメリカ・ニューヨーク生まれの、「DJ B-Roc(ベン)」JPatt(ジェームス)による二人組によるダンスデュオコンビです。

楽曲自体は2019年12月にリリースされていますね。

 

1-b「Alive」/ R3HAB vs Vini Vici feat. Pangea & Dego

 

 

この曲は実際のボディコンバットでは、もう少しアップテンポにアレンジされることでしょう。

この楽曲はオランダ人の「R3HAB(リハブ)」というDJが制作しました。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

How many times have you listened to Flames?

R3HAB – Fadil El Ghoul (@r3hab)がシェアした投稿 –

 

R3HABの3を鏡文字にすると“E”となり、“REHAB=リハブ”と読めるんです。

そして実はとても親日家というリハブさん。

過去の曲には日本からインスピレーションを得た曲もあり、

「Samurai(サムライ)」、「Sakura(サクラ)」、「Karate(カラテ)」といったタイトルがあります。

この下半身ウォームアップに使われている「Alive」という曲も2019年制作の新しいナンバーですね!

収録CDこちら。

 

2「Pica」/ Deorro, Henry Fong & Elvis Crespo

 

 

音楽を聞いた印象は“お祭りの始まり”というような印象でした。

とにかく楽しいイメージと、ジンガのダンスステップが「カポエラ」にピッタリだと思いました(^^)

この曲のアーティストはDJのDeorro」(デオロ)です。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

quote this

Panda Funk(@deorro)がシェアした投稿 –

 

アメリカ・ロサンゼルス出身の笑顔が可愛いDJです。

 

3「Unreal」/ T & Sugah feat. Ayve

 

 

パワートレーニングらしい、テンションを上げてくれるシンセサイザー音ですね!

こちらのアーティストは「Robin Storm(ロビン・ストーム)」「Philippe Jouneghani(フィリップ・ジェネーガニ)」からなるダンスミュージックコンビです。

 

 

出身はオランダのアムステルダムです。

 

4「Y.A.L.A.」/ M.I.A.

 

 

こちらの楽曲はボディコンバット62番の6曲目でも使用されていましたね。

今回もレッグコンディショニング系の曲で使用されていますね!

ランジをたくさんやっていくのは62番と同じですね(笑)

歌うのは M.I.A.(エム・アイ・エー)で、イギリス出身の女性ラッパーです。

 

 

名前はMissing In Action(戦闘中行方不明)の略称なんです。

行方不明で連絡のつかない父親に向けたメッセージなんだそうです。

この曲は2013年11月に発売されたアルバム「マタンギ」に収録されています。

 

5「Fuji Opener」/ Skrillex feat. Alvin Risk

 

 

イントロの部分がめちゃくちゃカッコいいですね!(*^^*)

この曲のアーティストはSKRILLEX(スクリレックス)という、アメリカ・ロサンジェルス出身の歌手です。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

spent the afternoon in Oaxaca chopping down agave with a machete

Skrillex(@skrillex)がシェアした投稿 –

 

日本も大好きで、よくプライベートで来日しているそうです。

フジロックなんかにも出演していますね!

2019年にこの曲の音源を公開し話題になったようです。

 

6「Gopher Mambo」/ Leandro Da Silva

 

 

こちらの曲は2018年に発表されたダンスミュージックです。

ラテンな感じの曲がまたノリノリですね~♪

この曲のアーティスト「Leandoro Da Silva」(レアンドロ・ダ・シルバ)はブラジル出身のハウスミュージックDJです。

 

 

その後イタリアに移住しており、国籍はイタリアとなっています。

2017年9月には東京渋谷でのライブも行っていますね!

 

 

7「Victorious」/ 7kingZ

 

 

今回のムエタイはこの曲ですね。

レッスンではもう少しアップテンポにアレンジされています。

でないと…、ムエタイらしくないですよね!?

途中の「ヴィクトリアス!」は音楽に合わせて一緒に歌っちゃいましょう!

「7kings」(7キングス)はアメリカのヒップホップグループです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

“Defying the odds/ it’s in the cards… ♦️-7kingZ Tap album link in Bio #settlethescore #myworldnow #kingquotes #motivationmusic #squadsquad #7kings #lyricstogo #barsup #bangers

7kingZ(@7kingzmusic)がシェアした投稿 –

 

最近ですとボディコンバット79のトラック4で、7kingsの曲が使用されていました!

ボディコンバット79の楽曲についてはこちら

 

8「Real (Drum & Bass Mix)」/ Crissy Criss & WiDE AWAKE

 

 

ラストの戦いはこのカッコいい曲。

やっぱりパワー3の音楽は良いですね(*^^*)

曲の手がけた方は「Crissy Criss」(クリッシー・クリス)という方です。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

‪Tonight catch me in the mix playing some War On Silence album bits on the BBC Radio 1’s Drum & Bass Show with Rene LaVice ‬

Crissy Criss(@crissycriss)がシェアした投稿 –

 

イギリスで高い人気を誇るEDM(エレクトロニック・ダンス)系のDJなんですよ。 

2019年に発売された「Real」というCDに収録されている曲ですね!

 

 

9「Burning」/ Chase & Status feat. Cocoa Tea

 

 

9曲目のコンディショニングでは、イギリスの「Chase & Status」(チェイス&ステイタス)というデュオユニットが歌います。

「サウル・ミルトン」、「ウィル・ケナード」の2人組です。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mexico we have arrived. We’re streaming our set from @edc_mexico Live on our Facebook page at 12:00 ET. (Fb.com/chaseandstatus) #edc #edcmexico #chaseandstatus

Chase & Status(@chaseandstatus)がシェアした投稿 –

 

この曲は2019年5月に発売されたアルバム『Return II Jungle』の8曲目に収録されています。

 

10「Alright」/ Mike Yung

 

 

10曲目のクールダウンを歌うは、アメリカニューヨークのR&B歌手「Mike Yung」(マイク・ヤング)です。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

58 today. Love you guys

MIKE YUNG(@mikeyung)がシェアした投稿 –

 

これまでの戦いを忘れ、コンバットに参加したお客さんを祝福してくれているようですね。

クールダウンにふさわしい曲だと思います(*^_^*)

曲は2018年に発売されたCDに収録されています。

 

 

11「All For You」/ Wilkinson & Karen  Harding

 

 

今回のボーナストラックも、正規のナンバーに負けないくらいカッコイイです!

ぜひボディコンバットのインストラクターさんには、ボーナストラックまでしっかりやって欲しいですね!

パワートレーニング2のボーナスにはこの曲が使用されています。

アーティストの「Wilkinson & Karen Harding」は、イギリス出身のDJ「ウィルキンソン」と同じくイギリス出身のシンガーソングライター「カレン」の2人によるコラボ曲です。

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hiya

Karen Harding(@karenharding)がシェアした投稿 –

 

この曲は2019年12月に発売のアルバム『RAM Drum & Bass Annual 2020』の3曲目に収録されています。

 

ボディコンバット83の楽曲リストと歌手やCDの情報まとめ

 

 

ボディコンバット83に使用されている楽曲を紹介してきました。

まだ83番は日本では発表されていませんが、これからレッスンに参加するのが楽しみですね♪

そして音楽を予め覚えて、レッスンではどんなコリオが付いて来るのかも注目していきましょう!

それでは今回の記事はここまでとなります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ボディコンバットの神曲・盛り上がるナンバーについてはこちら