12人の死にたい子どもたちのマイ(11番)の病気はヘルペス!自殺の理由についても

2020年2月15日

こんにちは、当サイト管理人「イガイガ」です。

今回の記事は映画『12人の死にたい子供たち』の11番こと舞(マイ)が死にたい理由に上げていた病気について書いてみました。

この病気は映画のラストの方でヘルペスだと明かされましたが、皆さんはヘルペスという病気が何なのかご存知でしょうか?

ヘルペスは名前くらいは知っていても、実際になったことがないとどんな病気で何が苦しいのか分からないかも知れません。

そこでこの記事でヘルペスについてまとめてみました。

実は管理人の僕もヘルペス持ちだから、その苦しみはよく分かります。

なってみると、けっこう苦しいです(;_;)

マイのように死にたい理由になるほどの病気かは疑問ですが(笑)

映画を観て「へルペスって何だ?」と思った方はぜひご覧ください。

 

12人の死にたい子どもたちのマイ(11番)の病気はヘルペス

 

マイ(11番)が映画の中で自殺したい理由に挙げていたものはヘルペスでした。

映画の中では“おじさんにいきなりベロチューされて“というような発言をしていました。

僕はてっきりエイズの様な性病をもらってしまって、それが自殺したい理由になっていたのかなと思っていました。

しかし全員が死にたい理由を明かしていくラストのシーンで、マイは自分の死にたい理由がヘルペスであると明かしたのです。

正直他の11人の参加者はヘルペスが死にたい理由だと知って、目を丸くしていましたが(汗)

思わず視聴者の方々もこのヘルペスがマイの死にたい理由だったと知って、意外だったと発言している方も少なくないです。

そう言ったことについては後半で触れていきますね。

 

ヘルペスとは?

 

ここからは「ヘルペスという病気がどういったものなのか?」について簡単に説明していきたいと思います。

ヘルペスは唇周りがプクッと膨れ上がってしまう、あの痛痒い腫れモノのことですね。

なったことがある人には分かる、地味に辛い病気ですね(:_;)

ヘルペスというのは正確には「単純ヘルペス(1型)ウイルス」というウイルスが体内に侵入することがきっかけになります。

すると主に唇の周りに水ぶくれが出来上がり、ヒリヒリとした痛みが表れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今思い出してもあの痛みは嫌ですね~(-_-;)

その後、腫れた唇はかさぶたになって赤黒く唇の周りにこびり付きます。

この❝水ぶくれ❞❝かさぶた❞が、ヘルペスになって見た目が醜く見えてしまうのです。

僕のような男性なら笑われるかちょっとイジられるだけでいいですが、女性は嫌ですよね。

このヘルペスのウイルスは他人から移されてしまうことや、食器・タオルなどから移ってしまうこともあるんだとか。

そう、「12人の死にたい子供たち」のマイも❝おっさんにベロチューされた❞と言っていましたが、それがまさにヘルペスを移されたきっかけだったのでしょう。

このヘルペスウイルスには、「単純ヘルペス(2型)ウイルス」もあるようで性器の周りなどに潜伏し、性器周りはじめ下半身に症状が出てきてしまうそうです(汗)

 

ヘルペスは再発する

 

ヘルペスというのは潜伏者の体力が低下しているときや、ストレスが多く溜まっているときなどにも再発したりします。

僕も寝不足の日が数日続くと唇がムズムズ痺れた感覚がやってきて、「あ、ヘルペスが出来そう!」という予感がします。

女性は月経前にヘルペスが発症してしまう方もいるようですね。

この原因はヘルペスの初期症状が治まっても、腰のあたりの神経にウイルスが潜伏してしまうからなんだそうです。

 

確実に効く薬は解明されていない

 

お医者さんの記事などを読むと、現在確実にヘルペスに効くと断言できる薬は発表されていないようです。

しかし自然治癒力でもヘルペスを治すことは可能です。

実際に僕は何も薬を飲まず、塗らずでヘルペスを治してきたこともあります。

その時は約1週間くらいできれいな唇の状態に戻りました。

ただこの時は痛みがかなり長引きましたしかさぶた&水膨れも大きくなりました

ですので薬を塗ったほうが痛みも大きさも抑えられると思います。

ただしこの大きさなども疲労度によっても変わるとも言われていますので、その時の状況によって変わりますね!

とにかく薬と栄養素をしっかりとって、疲労回復に努めることがなにより大事なんでしょうね(^^)

おすすめの対処方法を紹介してくれている方がいました!

僕も試してみたいと思ったので、転載させていただきます!

 

 

栄養素の「リジン」と、塗り薬の「アクチビア軟膏」の2つを要チェックですね!

 

 

マイ(11番)の自殺の理由

 

 

映画「12人の死にたい子供たち」でマイが自分も病気であると明かしたのは物語の中盤でした。

そのときにはヘルペスだとは明かさず、”おっさんとの売春行為をやっていた”様な事をほのめかしていました。

この事から僕は、「マイはエイズなどの性病にかかっていているのかな?」と思いました!

しかしマイの売春行為が結局この“自殺したい理由”に繋がっているということが物語のラストで明かされます。

自殺したい理由がヘルペスを移されたからというのを知った一瞬、「そんな理由で?」と僕は思ってしまいました(笑)

これについては実際に映画を観た方々も、「意外だった・面白い理由だ」と多くの方が似たような感想を持ったようですね。

 

 

 

 

しかし、ヘルペスの苦しみはよく分かるという視聴者の意見も。

 

 

 

僕も唇ヘルペスを持っているので、実際体調が悪いときには唇が痛くなりますし。

何よりも唇が腫れた顔ってけっこうブサイクになっちゃうんですよね(TдT)

ですから女子高生のマイにとっては、唇ヘルペスは大きな悩みの種だったのは仕方ないのかも知れませんね。

とりあえず最終的には自殺しないで済みましたし、その後ヘルペスが出ないように生活する方法もある事をマイが知ったと願いたいですね!

 

「12人の死にたい子供たち」マイの病気ヘルペスについてまとめ

 

 

以上が映画「12人の死にたい子供たち」で11番のマイが、自殺したい理由とその原因のヘルペスという病気についてでした。

ヘルペスはなったことがない方にとっては分からないかも知れませんが、けっこう辛いですよね。

この記事が少しでもヘルペスの緩和に役立ってくれたら良いなと思います(^^)

やっぱりヘルペスが原因で死にたいとまでは思いませんがw

それでは今回の記事はここまでです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

医療, 映画

Posted by igaiga