カイジの映画1作目と原作との違いは?Eカードなど漫画の結末と比較

2019年12月31日

皆さんこんにちは、当サイト管理人の「イガイガ」です。

今回は人気漫画『カイジ』のネタです。

カイジはとても人気がある作品で、テレビアニメや実写映画になっています。

実写映画といえば、よくあるのが原作マンガとの違いが挙げられます。

豪華俳優陣を採用しても、ストーリーや物語の展開が違うことによって面白さが半減してしまうなんてこともあります。

果たしてこのカイジはどうなのでしょうか?

この記事では、カイジの映画第1作目『カイジ-人生逆転ゲーム-』の原作との比較をしてみたいと思います。

その作品の原作を知ることで、映画の出来栄えを測ることも出来ますね。

ぜひ読み進めてみてください(^^)

注)この記事では映画や原作のネタバレがあるのでご注意ください。

 

カイジ映画1作目と原作の違い

 

 

カイジの映画1作目では、原作の漫画とたくさんの違いがあります。

ちなみに原作の漫画は、カイジの第1部『賭博黙示録カイジ』が原作となっています。

賭博黙示録カイジは全13巻の作品で、カイジが借金帳消しのためにギャンブル船エスポワール号に乗り込むというあらすじです。

そこで行われる「限定ジャンケン」「Eカード」といったゲームや、「鉄骨渡り」などに挑戦し見事勝てば借金が帳消しされるのです。

これが大まかな原作の流れです。

では映画「カイジ-人生逆転ゲーム-」と、原作漫画「賭博黙示録カイジ」はどういった所が違うのでしょうか?

 

 

主人公カイジがイケメン

 

全然あらすじが関係ないのですが、主人公カイジを演じるのが『藤原竜也』というイケメン俳優なこと。

 

 

原作のカイジはそこそこ普通の男で、クズな生き方をしてきたからか全くイケてない表情をしています。

実在したら中の下くらいの男性でしょうか(笑)

ちなみにアニメ作品のカイジも、原作の漫画よりはイケメン化されています。

声優も『萩原聖人』さんを起用しており、また声もかっこいいんです。

 

 

限定ジャンケンが短い

 

漫画を映画にした時によく起こることなのですが、映画の尺(だいたい120分くらい)にストーリーを凝縮となるとかなり短い話になります。

「限定ジャンケン」なんかもそうで、本当は原作の漫画だとまぁまぁの長さだったものが約30分くらいで終わってしまいます!

本当はもっと心理戦の描写をふんだんに入れて欲しかったところではあるんですが、これは映画化の仕方無さなのでしょうね(^_^;)

 

Eカードの展開が早い

 

ラストの『利根川幸雄』とのEカードのバトルがかなりトントン拍子に話が進みます。

テンポの良さが良いか悪いかは、観た人の感じ方によって変わるでしょうね。

これも心理戦、特に海外ドラマの様なドキドキ・ハラハラした展開が好みの方にはちょっと雑に感じるかもですね(汗)

 

鉄骨渡りがより過酷

 

映画版の鉄骨渡りのほうが、原作漫画の鉄骨渡りよりも過酷な内容になっていました。

例えば、途中で大雨が振ってくる・透明な橋が無い・扉を開けるときは必ず「気圧変化による突風」を受けるというハードさ。

この時の利根川幸雄を演じる『香川照之』さんの演技が最高でした!

 

借金取り立て人「遠藤勇次」が女性

 

原作の漫画では、カイジのもとに借金を取り立てに来るのが「遠藤勇次」というサングラスの男でした。

しかし映画版ではこの取り立て人は女性であり、「遠藤凛子」というキャラクターになっています。

演じるのは『天海祐希』さんで、カイジの世界には似つかわしくない綺麗な女性ですね(^_^;)

 

 

「Eカード」漫画の結末と比較

 

 

ここでは最後に、映画と原作漫画とで共にクライマックスのゲームになった「Eカード」について違いを詳しく見ていきたいと思います。

原作「賭博黙示録」でも、映画「人生逆転ゲーム」でもこのEカードが1番の盛り上がりの場面になります!

どんな違いがあったのでしょうか?

 

カードの交換なし

 

原作では手持ちカードの交換がありで、勝負の回数が12回ありました。

しかし映画版だと手持ちカードの交換がなし、勝負の回数は3回で終わりという設定でした。

映画版のEカードがテンポよく終わる印象があったのは、この勝負回数の少なさが原因だったということです。

 

賭けていたものが現金

 

映画版ではEカードで賭けていたものが「現金」でした。

対して原作の漫画では、賭けていたものが「聴力」という設定でした。

これによってカイジは一度、自分の聴力を失い耳が無くなっています。

 

奴隷側の優位性

 

映画版のEカードでは、カードを出す順番は常に❝奴隷❞が先に出すように決まっています。

しかしメリットもあり、奴隷で勝つと賭けた金額が10倍の値段になります。

なので不利な状況からでの一発形勢逆転も映画版では可能なんですね。

 

利根川幸雄の焼き土下座無し

 

原作漫画の『カイジ賭博黙示録』のラストでは、Eカードに敗れた利根川幸雄が「帝愛グループ」の総帥『兵藤 和尊』の前で行なう「焼き土下座」があります。

焼き土下座とは、高温に熱せられた鉄板の上でおでこが付くまで土下座をするという鬼畜な行ないです。

これを兵藤和尊は失態を晒した利根川幸雄にやらせるのが原作漫画の結末です。

しかし映画版のカイジではこの焼き土下座はなく、利根川幸雄が「地下強制労働施設」に送られて終わりという結末なんです。

 

カイジ映画1作目と原作の違いや結末をまとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

映画版のカイジと原作漫画のカイジではなかなか違う部分も多かったです。

しかし「原作漫画よりも映画版の方が面白い設定だった!」というような声もあったりします。

個人的にも鉄骨渡りは映画版はかなりハラハラ出来て、良かったと思います。

できれば❝焼き土下座❞が映画版でも再現されていれば、なお良かったかなぁ~とも思いますが。

地上波で放送されるという事も考えると、難しかったのでしょうね。

それでは今回の記事はここまでとなります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

映画版カイジ2作目の原作との違いについてはこちら

カイジ, 映画

Posted by igaiga