【スターウォーズ7フォースの覚醒】乗り物の名前や種類一覧!大きさやモデルについても

こんにちは、当サイト管理人『イガイガ』です。

今回は映画『スターウォーズ~エピソード7・フォースの覚醒~』に登場してきた乗り物には、どんな種類の物があるのでしょうか?

スターウォーズといえばジェダイのライトセーバー戦や、フォースの能力、いろいろな種族の生き物や宇宙人が登場してくると言った魅力がありますね。

その他にもあるスターウォーズの大きな魅力の1つが、カッコいい乗り物・宇宙船などではないでしょうか?

特に健全な男子諸君であれば、いつの時代でもカッコいい乗り物に憧れますよね?

僕の息子たち(5歳&3歳)を見ていると、小さな頃から本当に男の子は乗り物が好きなんだなぁと思います(*^^*)

この記事ではスターウォーズエピソード7に登場してくるカッコいい乗り物の種類について書いてあります。

ここで紹介している乗り物を理解して映画本編を観ると、迫力ある戦闘シーンをまた違った角度で楽しむ事も出来るかも知れませんね(^^)

 

【スターウォーズ7フォースの覚醒】乗り物の名前や種類一覧

 

 

ではさっそく、『スターウォーズ7 フォースの覚醒』で登場してきた乗り物を見ていきましょう!

シリーズを通してスターウォーズにはカッコいい乗り物がたくさん出てきますが、このエピソード7でも同じ様にカッコいい乗り物が出てきます。

とても速くて、戦闘シーンはかなり手に汗握りますね!

戦闘に参加しない乗り物についても紹介しますから、あなたが気になった乗り物があればぜひ読んでくださいね。

※旧三部作から登場している乗り物については書いてありません。あくまでエピソード7から登場の乗り物についてです。

 

レイ専用スピーダーバイク

 

 

主人公レイがこの「スピーダーバイク」に乗って、砂漠を走り解体したパーツを集めて回っていました。

Twitterにはこんな面白投稿もありました♪

 

これは…モデルでは無いと思います(笑)

モデルになった元ネタについては後ほど(^^)

 

TIEファイター宇宙特化型戦闘機

 

 

このTIEファイターは元は帝国軍が旧三部作(エピソード4~6)から使用していた戦闘機で、それをファースト・オーダー用にアレンジしたものです。

しかもエリート兵がメインで乗るという高性能バージョンです。

生命維持装置やシールドが付いてて、単体でのワープ航法もできちゃうハイグレード版ですね。

デザインも赤いラインが機体正面の窓横に入っていますし、カラーも黒みがかったデザインになっています。

よりイケイケ感が増していて、カッコいいですね!

 

エラヴァナ

 

 

この大型貨物船「エラヴァナ」は、ハンソロチューバッカのコンビが乗っていた愛機「ミレニアムファルコン」を隠すために乗り込んだ大型輸送艦です。

銀河宇宙の各惑星に貨物を輸送するのが目的としていますが、その大きさゆえに死角が多く密輸の手助けになってしまうことも。

実際にエピソード6の後のハンソロとチューバッカはミレニアムファルコンを失い、このエラヴァナで密輸を行っていたとも明かしています。

 

 

【スターウォーズ7フォースの覚醒】乗り物の大きさやモデル

 

 

今度はフォースの覚醒に登場してきた乗り物のサイズ感や、その乗り物のモデルが何だったのか?

という事について見ていきましょう!

 

レイのスピーダーバイク

レイのスピーダーバイクはコンテナを載せているせいか、ストーム・トルーパーが運転する戦闘で使用されるものよりも大きく見えますね。

 

 

 全長は3.2メートルほどで、最高速度は時速500キロメートルも出るそうです!

ん?旧三部作でレイアさんめちゃ軽装で乗ってましたが…。

 

 

これで時速500km出したら、絶対ハンドル握ってられません(汗)

…きっと時速70kmくらいだったのかな?(^_^;)

モデルとなったのは実は1番有力視されている説が、黒澤明監督の「隠し砦の三悪人」での馬での追跡シーンなんだとか。

 

 

たしかにスピーダーバイクのハンドルを持つ手は、手綱を握っている感じがしますね。

また他のモデル候補としては、スノーモービルにも全体の形は似ているような気がします。

 

 

TIEファイター宇宙特化型戦闘機

 

TIEファイターの大きさは全長6.3メートル、高さは7.5メートルのサイズで時速は1200kmも出るそうです。

人が一人乗るのがやっとなコンパクトなサイズ、だからこその小回りなどを実現しているのでしょうね!

元ネタとなったモデルは実はかなりの数があり、アレヤコレヤと半分都市伝説化している気がします。

候補としては、日本の戦闘機『零戦』車の部品がモデルと言われていることも。

 

 

真実は分かりませんね(汗)

 

エラヴァナ

 

 

エラヴァナは大型貨物船というだけあって、その大きさは全長462mという超特大サイズです。

上記ツイッターの引用画像のように、ミレニアムファルコンが楽々入ってしまう程の大きさなんですね。

ちなみにこちらのモデルとなった、元ネタは今の所わからないようです。

これといった候補も不明なようですので、また何か情報を仕入れたら追記したいと思います!

 

【スターウォーズ7フォースの覚醒】乗り物の名前や種類と大きさやモデルまとめ

 

 

以上が『スターウォーズ フォースの覚醒』で登場した乗り物・宇宙船一覧でした。

旧三部作から登場していた乗り物はこの記事では載せていませんので、本当はもっとたくさんの乗り物や宇宙船がエピソード7には登場してきます。

このように多くの乗り物が登場することもスターウォーズの魅力の一つですね。

それでは今回の記事はここまでです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!